So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

日本語教師を目指す人に勧める書籍 [本(日本語学習]

先月、日本語教師養成420時間講座を修了しました。


授業の基本、入門の本で、実際の授業のイメージができて参考になります。

絵で導入・絵で練習
足立章子、梅田康子
凡人社(2004)

動作を示すイラスト集がたくさんあります。
初級のティーチャートークの導入例も丁寧に解説。


日本語教師のための「授業力」を磨く30のテーマ。
河野俊之、小河原義朗
アルク(2006)

教案の作り方から、授業の組み立て方まで解説。


新人日本語教師のためのお助け便利帖
鴻野豊子、高木美嘉
翔泳社(2015)


授業の作り方Q&A78編(日本語教師の7つ道具シリーズ 1)
大森雅美
アルク(2012)



日本語教師による本

日本人の知らない日本語
蛇蔵、海野凪子
メディアファクトリー(2009)

ベストセラーになったこの本を読んで、
モチベーションを高めるのはどうでしょうか?
全四巻、全部抱腹絶倒です。


外国語として出会う日本語(もっと知りたい!日本語)
小林ミナ
岩波書店(2007)


日本語教師が知らない動詞活用の教え方
海老原峰子
現代人文社(2015)

五十音表を使って、
動詞の6つの活用形を最初に覚えさせる方法です。
学習者の母語で教える場合は非常に有効ですが、
直接法の場合には特別な工夫がいるかもしれません。
海馬の理解はデタラメですが、無視しましょう。



言語学一般の良書

改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための記述式問題40
石黒圭、辻和子、星野恵子
アルク(2014)

日本語教育能力検定試験の記述問題対策本。
これ一冊やれば記述対策は完璧!



敬語再入門
菊地康人
講談社学術文庫(2010)

敬語Q&A。わかりやすく敬語を解説する。
著者は、敬語の指針の執筆者の一人。



さすが!日本語
渡辺実
ちくま新書(2001)

副詞の微妙な差異を考察する本。
かなり難しい本です……



敬語
菊地康人
講談社学術文庫(1997)

やや学問的な敬語の解説書。
とても詳しい。敬語を極めたい人向け。



ことばと心理:言語の認知メカニズムを探る
石川圭一
くろしお出版(2005)



外国語学習の科学:第二言語習得論とは何か(岩波新書)
白井恭弘
岩波書店(2008)

外国語を学ぶとはどういうことかを解説しています。



外国語学習に成功する人、しない人:第二言語習得論への招待(岩波科学ライブラリー)
白井恭弘
岩波書店(2004)



教師一般向けの本

板書 きれいで読みやすい字を書くコツ(教育書ブックス)
樋口咲子、青山由紀
ナツメ社(2011)

ひらがな、かたかなの手本と書き方、
板書計画の方法など詳しくて役に立ちます。


いちばんやさしい教える技術
向後千春
永岡書店(2012)

著者は、教育の方法の研究者です。
教えることの大事な部分をわかりやすく説明しています。
アドラー心理学の著書もあり。


世界最速「超」記憶法(講談社+α新書)
津川博義
講談社(2004)

大学受験の塾、つがわ塾の先生の本。
この本の冒頭には 世界一速い漢字の覚え方
紹介されており、
この方法は非漢字圏の日本語学習者に
教える価値があると思います。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

通訳案内士の一次邦文対策本 [本(日本文化]

来週、通訳案内士の一次試験を受けます。私は邦文のみです。


通訳案内士試験「地理・歴史・一般常識」直前対策 改訂版
植田一三、高田直志
語研(2016)

三ヵ国語(中国語韓国語英語)で
通訳案内士の資格を持つ高田先生の著書です。
これが一番の定番ですね。


通訳案内士試験 地理・歴史・一般常識テキスト&問題集
コンデックス情報研究所
成美堂出版(2016)

上記一冊だと不安なので、
こちらも買ってみました。
全国の祭を紹介しているのに、
大阪の祭に日本三大祭りの天神祭がないなんて……。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Q34. What is interest? [Darwinism Psychology]

Interest is an attitude of searching in order to expand territory.

  The first of the seven basic emotions is interest. All emotions originate from approaching to obtain nourishment and avoiding filth. To approach is the essence of interest.
  There are four main kinds of actions interest leads to.

① Establishment and expansion of one's territory
  Territory is not only an area of land but, for human beings it is a repertory of activities. Expanding territory increases possible activities.
  Therefore, interest causes adventure into unknown places, challenging unknown activities or work such as exploring caves. In other words starting new things. Naturally, targeted activities are compared to one's current abilities and seem possible to do. This is slightly stronger in men.
  Objects of interest are things you are connected or familiar with to some extent, and as interest progresses this range expands little by little. Therefore, things with few unknown parts easily become boring.

② Hunting activities
  This means things which change or move become interesting. Many boys are interested in vehicles or insects, it is an interest in hunting activities, therefore they chase and approach these things. For adults it corresponds to sports.
  This is thought to derive from the difference in the range of peripheral vision in men and women. The central visual field has cells which discern colors, but peripheral vision has cells which are sensitive to movements.
  The cause of the difference in abilities between the sexes is that in women the route for object vision from the cells in the central visual field, which discern colors, to the temporal lobe develops more easily, while in men the route for spatial vision from the cells, which are sensitive to the movements, used in peripheral vision to the parietal lobe develops more easily.
  Human beings see three primary colors, but 1 in 20 men see two primary colors, and 1 in 8 women see four primary colors.
  Women's fashion, such as skirts and earrings, take advantage of this trait that men have. If men see a skirt fluttering or an earring swinging, their eyes are naturally drawn to the movement and look at it. The result of understanding the effectiveness of this is that skirts and earrings are established as women's fashion, and also give a feminine impression.

③ Gathering activities
  This means to gather things which are a similar size, colorful, a similar shape, unmoving and displayed, or numerous, such as coins, postage stamps, books, CDs, gems, clothes, or designer goods.
  Women like gems or flowers because it is related to gathering activities. Researchers believe that women searched for edible plants or fruits in the period of hunters and gatherers. Flowers are a symbol of this. Women may like gems because gems are also considered as an eternal flower.

④ Selecting fellows and pursuing a rank in the group
  This means things which respond to your activities are checked in order to find future in-group members. This is because people who ignore you will not become part of your in-group.

  People surprise or weakly attack without hurting a fellow group member, in other words, playing pranks or bothering them in an effort to confirm if the target is a member of their in-group. Most conversations between human beings are also done for this purpose.
  Interest is an indispensable emotion for all animals, necessary for establishing and expanding their territory, learning life skills, and making a position for themselves in their social group.
  When human beings feel interest they make a special face; slightly knitting their brows and slightly rounding their mouth. This expression is a signal which means, "there is something here that you should pay attention to."
  Interest makes you focus your attention on the target and decrease other input information, and if you become enthusiastic/engrossed you may forget slight pain. This is useful for hunting. Interest is a pleasant sensation that makes you continue to approach the target of your interest. This is useful for learning life skills.
  Therefore the interest of adults is weaker than children. Adults lose interest because they have already finished many activities such as deciding their territory, obtaining some skills, and establishing their position. So that some adults are obstinate and don't feel interest for new things is appropriate from a biological viewpoint.
  Why does interest decrease with age? Strength of interest is clearly related to dopamine, which tends to decrease with age. The circuit of the brain seems to be made to decrease the pleasure of challenging new things as a person ages.
  The interest which women feel for cute things is instinctive preparation for childcare. That many women like conversation more than men might be because as a mother she will teach her baby to speak.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Q33. How do emotions develop? [Darwinism Psychology]

Emotions develop and branch out through conflict.

  From the next chapter I will explain emotions in detail one by one using categories. I will state details for every emotion such as in what situations the emotion is felt, how and why it develops in evolution, what actions it leads to, and about the social influences of these actions.
  Please refer to diagram 3, the genealogical chart of emotions. I will explain the seven basic emotions and their derivative emotions.
  In the genealogy of interest there is interest, fun, boredom, humor, and infatuation.
  In the genealogy of repulsion there is repulsion, and depression.
  In the genealogy of surprise there is surprise, and confusion.
  In the genealogy of anger there is anger, dissatisfaction, shame, contempt, indignation, resentment, frustration, and irritation.
  In the genealogy of fear there is fear, relief, awe, and anxiety.
  In the genealogy of love there is love, happiness, honor, loneliness, hatred, jealousy, sadness, pity, and guilt.
  In the genealogy of hope there is hope, shyness, delight, gratitude, envy, self-confidence, helplessness, and disappointment.
  There are emotions that are similar at a glance but have completely different essences. Consider emotions such as fun and delight, self-confidence and honor, shyness and shame, envy and jealousy, depression and anxiety, dissatisfaction and irritation, repulsion and contempt, love and infatuation. These emotions are difficult to distinguish because they lead to similar actions and appear similar on the surface, but they are actually dissimilar emotions whose origins are different.
  Emotions are not essentially good or bad. The emotions that people tend to think of as negative such as contempt or anger are also important emotions, which are necessary in life. If you don't have these emotions life will be difficult. A person who doesn't have contempt will be troubled by lots of mental fatigue; a person who doesn't have anger will end up placed in an undeserved position.
  However, the development of memory and language in human beings makes it so that emotions continue for a long time. Therefore, anxiety, depression, frustration and helplessness for example are valuable for a person at first, but the prolonged experience of these emotions can cause maladjustment.
  Most psychological problems can be understood as the incomplete formation or divergence of emotional memory. For example, a person whose love is underdeveloped cannot form advanced emotions branching from the stem of love such as honor, pity, guilt, and a sense of responsibility. A visual image of the tree of emotion's development can be used make this easier to understand.
  The development and diversion of emotions is derived from conflict. When you feel anger but you cannot act based on that anger, shame or mortification will emerge. When you feel delight but you cannot act based on that delight, gratitude or embarrassment will emerge. Rich emotions develop in the conflicts and trials of human relations.

  (Warning!)

  From now on I will sometimes refer to the differences of sexes in the concrete explanation of emotions. However, these explanations do not apply to all men and women. It is just general differences using averages.
  For example, "Women tend to place a stronger emphasis on conversation" is like saying, "men are tall". There are many women who are taller than some men, there are also many talkative men such as the comedian Sanma Akashiya and the newscastor Ichiro Furutachi.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Q32.What is emotional memory? [Darwinism Psychology]

It is the memory of a behavior pattern based on genes.

  These emotional circuits develop according to experiences when/while growing from an infant to a child, and to an adult. In this sense emotions can be called a kind of memory.
  It might be unexpected that emotion is memory. First I will explain why it should be called memory.
  Emotion is a particular response pattern to environmental information. It is a combination of a situation and an action, such as when you are insulted you become angry.
  People say that most people will become more affable as they grow older. This is because the input leading to the actions of anger have decreased. The combination of input and output can change from life experience.
  For a more simple example, if you are afraid of dogs because you were bitten when you were a child, you have the memory of "dogs ⇒ fear".
  Emotion is remembering the combination of input and output in life, in other words memory.
  A unique feature of emotional memory is that it does not start from 0. If you are terribly insulted, you will become angry. This pattern is universal to all mankind. In other words core patterns are already decided by genes, and those patterns will gradually change. The most variable period is childhood, therefore people say that character is decided during childhood.
  The foundation of emotions is in genes, so it can be compared to seeds. In other words genes which are related to emotions are like seeds.
  We cannot know exactly what shape this plant will become. Human beings also vary from each other according to their environment. As we cannot imagine how much fruit a seed will make, a person's character is not completely decided.
  However, as the type of plant is decided by the seed, things that aren't in the genes won't manifest.
  Likewise, if a seed has problems, even if you water it properly it might not grow. The way of growing a plant depends on the type of seed.
  Watering would be comparable to parents, the amount of sunlight and precipitation would be comparable to the circumstances a person lives in. Emotions grow in this way while receiving various influences.
  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Q31. What is the relationship between emotions and a brain? [Darwinism Psychology]

A brain has the circuit for emotions.

  Brain disorders research has discovered where emotions work. Look at the picture.
  The route to recognize what emotion is felt is; sensory receptor → sensory cortex → sensory association cortex → amygdala → prefrontal cortex → motor association cortex → motor cortex → motor organ.
  The route to recognize quantity of emotion is; internal organs → hypothalamus → motor association cortex → motor cortex → motor organ.
  In the case of emotions which don't need a complicated analysis, such as repulsion and fear, there is also a path to enter the amygdala directly from sensory receptor.
  The route for controlling actions of emotions is, sensory receptor → sensory cortex → sensory association cortex→ basal nuclei → supplementary motor cortex → motor cortex → motor organ.
  Among these the particularly important parts connected to emotions are the amygdala, hypothalamus, basal nuclei, and prefrontal cortex.

Amygdala

  Amygdala is the organ for recognizing emotions.
  Amygdala contains cells to handle various emotions.
  Cells which only respond to a favorite food were discovered in the amygdala of monkeys.
  Monkeys will flee when they see a snake.
  However, a monkey which has had its amygdala removed isn't afraid of snakes. On the contrary, that monkey will attempt to eat snakes.
  Its emotions have disappeared.
  Of course the amygdala has a crucial influence on human beings too.
  During the autopsy a tumor was found in the amygdala of the vicious criminal who killed 38 people at Texas University in United States.

Hypothalamus

  Emotions have two important elements.
  First is that emotions can be felt before acting. The second is that we can recognize the quantity.
  The degree that the hypothalamus functions corresponds to the emotion's quantity.
  Regardless of what emotion is felt, the hypothalamus expresses the quantity of the emotion currently felt.
  The rat which had an electrode inserted into its hypothalamus cells will continue to push the button which sends electricity to the electrode.
  Even if there are painful obstacles such as an electric shock on the road to the button, the rat will overcome those obstacles and continue to push the button without eating food until it falls down.
  Researchers believe this is because the rat received a strong pleasant sensation.
  Each emotion has a related chemical substance.
  Interest is related to dopamine, love is related to oxytocin, anger is related to testosterone, fear is related to serotonin.
  The quantity of these chemicals is related to the quantity of the emotion.

Basal nuclei

  The basal nuclei regulates the action caused by emotion.
  The cells which get excited in response to the action accompanying an emotion were found in the basal nuclei.
  It controls the motor program for emotions. Pleasure and displeasure occurs there and cause the corresponding action.

Prefrontal cortex

  The motor program is made in the prefrontal cortex. It is the part that makes concrete actions.
  The amygdala, hypothalamus, basal nuclei, and prefrontal cortex are the places where emotion is, but other parts are not irrelevant.
  Functions of the mind operate only after the circular route is completed, but the narrowest parts of this route for emotion are the amygdala, hypothalamus, basal nuclei, and prefrontal cortex.
  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Q30. What role do emotions play in evolution? [Darwinism Psychology]

The conflict of emotions created intellect.

  Why did emotions develop in evolution? Let's examine from the viewpoint of evolution.
  Are there living things which have emotions but don't move? How about living things which move but don't have emotions?
  If living things which don't move have emotions, it is completely useless. Useless things will never advance in evolution.
  Therefore we can assume that plants don't have emotions.
  Some people believe that cacti have telepathy, or some people talk to plants. They think plants have emotions, but they are only projecting their own feelings onto plants. It is not the plant's own emotion.
  Some viruses jump aside when they receive a harmful stimulus.
  We can see the prototype of fear and repulsion in viruses, although it is made of little more than DNA and a shell.
  This is not an emotion but an action which is its origin.
  Even primitive life forms can react to their environment, but they don't have nerve cells because they are unicellular organisms.
  We can assume that there is a reaction to the environment before emotion emerges.
  Therefore action appears earlier than emotion. The action accompanying an emotion also exists as a mechanical reaction without emotion.
  Why is it better to have a reaction with emotion than a reaction without emotion? What advantage does this have?
  A possible advantage is that it will be aware of its own actions from now on.
  If you feel strong anger, you can notice that you will behave violently now.
  Awareness of anger means you can decide whether to control the action or not using reason.
  In a quarrel between a husband and wife one may attempt to throw something. If one of them notices that the thing is a piece of pottery with a value of several million yen, the person would decide not to throw it.
  If you walk in the street and someone bumps into you, you may feel angry, but if you notice that person is a large rugged man, you would endure with silence.
  This is the role of emotions.
  Since there is emotion, we can act rationally.
  We can say that emotion brought forth intellect.
  An important point about emotion is that we can recognize the quantity of emotion.
  Emotion has quantity such as being a little happy, or very happy.
  If the quantity of an emotion is too small, you cannot recognize the emotion. If the quantity of an emotion is too large, you will act before you recognize the emotion.
  In other words emotions have a maximum and a minimum.
  If a person's maximum limit of emotion is very low the person will act emotionally, but if a person's minimum limit of emotion is very high the person acts insensibly, or inhumanly.
  The person who has rich emotion is the person whose emotional range is wide the minimum is low and the maximum is high.
  For example when one makes a mistake at work and the boss makes a cynical, insinuating remark.
  If the anger caused by the situation is lower than the minimum amount to feel it, one feels nothing and pays no attention to it.
  If the anger caused by the situation is higher than the maximum amount, one will turn upon the boss in a fury saying something like, "That's hardly the way to talk."
  We can feel anger when it is between these limits.
  We sometimes say, "don't get emotional, be reasonable!"
  We understand that reason, in other words intellect, are the opposite of emotion as this phrase suggests.
  However, as I said, emotion is necessary for intellect.
  Intellect is a product of emotion.
  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Q29. What sort of things are included in emotion? [Darwinism Psychology]

There are 38 emotions and four categories; urges, responses, attitudes, and feelings.

Emotion can be said to have highly developed rationality because it is the system of adaptive behavior for adapting to the features of a wild environment.
                   Toda Masanao, Japanese psychologist 1924~2006

  To begin with, what is it we call "emotion?"
  Emotion is sometimes very complicated and unclear.
  How can you identify the difference between similar words such as shame and abashment, which are very difficult to distinguish?
  Are there not emotions which depend on the individual or ethnicity? For example, some people say the emotion called "amae," meaning a dependence on others, is peculiar to Japan, however "amae" actually is also be found in Korea and some eastern counties.
  The best way to organize without confusion is to classify by the viewpoint of behavior, because the meaning of words develops from what sort of behavior is connected to them.
  Therefore, some counties which have many names for cuts of meat, for example France and Korea, also have many words for ways of cooking. In the same way Japanese has many names for fish, which sometimes changes depending on the stage of development.
  The most famous example is Inuits using different words to express states of snow.
  This shows that the complexity of the behavior corresponds to the complexity of the word.
  The words expressing emotions are nouns, so if you consider what kind of behavior is connected to the word, you can make clear the difference of emotions.
  Emotion can be divide into e and motion. E is a prefix meaning outward, and motion means action. Emotion has the meaning of making people take outward action.
  To think about what emotion is I started by thoroughly enumerating the words expressing emotions in the dictionary.
  I classified emotions by the action or behavior which they are connected to, and gathered similar emotions into a group.
  Next, I classified the emotions by where it's directed and whether the effect is continuous or instant, and this made four types/groups.
  The four types of emotions are response, urge, feeling, and attitude. For example:

  1. Urge: actions caused by these emotions are directed at the other person, and the effect is instant.
  sadness, humor, anger, indignation, shyness, delight
  2. Response: actions caused by these emotions are directed at one's self, and the effect is instant.
  surprise, shame, frustration, relief, confusion, fear, awe, disappointment
  3. Attitude: the behavior caused by these emotions are directed at the other person, and the effect is continuous.
  love, hatred, jealousy, pity, guilt, interest, infatuation, contempt, resentment, repulsion, gratitude, envy
  4. Feeling: the behavior caused by these emotions are directed at one's self, and the effect is continuous.
  happiness, honor, loneliness, fun, boredom, dissatisfaction, irritation, depression, anxiety, hope, self-confidence, helplessness.
  
  How should the relationship between the four types and 38 emotions be analyzed?
  Some emotions are easy, but some emotions have only subtle differences. It is difficult to know where to start to analyze them.
  The key is to follow how emotions changed throughout the history of evolution.
  If one thinks about the evolution of life, the actions of ancient life are very simple, but human beings are very complicated.
  Most simple life has only two actions which are to approach and to move away, and this is the beginning of emotions.
  An ameba will approach the food it finds and escape when it finds something poisonous. It's very simple.
  Birds will not only approach food and escape from predators, but also dance to approach a mate and fight off rivals.
  Humans will approach food and escape from something poisonous too, but also make strange art, write literature, and play sports. These acts are complicated and innumerable.
  The reason that emotion feels difficult to define and ambiguous to many people is because we can feel several emotions at the same time.
  When people think about an emotion they imagine a specific situation, but when doing this several emotions occur at once. They cannot understand emotion well because they assume that the whole synthesized thing is one emotion. They cannot understand emotion unless they break it down into each individual emotion.
  Moreover we sometimes express emotions that occur at the same time as one emotion. These are complex emotions. There in an innumerable number of combinations to make complex emotions, which vary by culture. Emotion can be classified into basic emotions, derivative emotions, and complex emotions.
  This book will explain typical complex emotions such as courage, sweet sorrow, and responsibility.
  Emotions are classified on the basis of the resulting action.
  So we can assume that in the process of life's evolution emotions become further complicated with the complication of the action.
  This is illustrated in the first diagram, and the detailed explanation of this is in chapters 2, 3, and 4.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Preface: Preface: Whereof one can speak, thereof one must speak completely. [Darwinism Psychology]

Preface
  Whereof one cannot speak, thereof one must be silent.
      Ludwig Josef Johann Wittgenstein(Austrian philosopher、1889~1951 )

Answers to all mysteries of the mind

  This book gives clear answers for the many mysteries of the mind such as love, courage, personality, thought, life, soul and memory, which are themes in psychology. This book answers the fundamental question of what these are.
  Most questions in this book do not have scientific conclusions yet. Far from that, some questions don't even become subjects of scientific research but are only discussed in philosophy. What conclusions we can decuce if we examine such themes of cutting-edge research from a darwinian point of view, which is organic evolution, are expressed in this book.
  Of course, all the mysteries of the mind cannot be answered by only introducing research of psychology and biology.
  Thus, the following three theories which are born from a darwinistic view appear in this book.

  The Logic Tree theory of emotion (the principle of systematic development)

  The Topological Loop theory of consciousness (four layered geometrical structure)

  The theory of a kinesthetic sense of word's meaning
 
  The Logic Tree theory is the most important theory in this book.
  The idea of this theory is that human's emotions are not chaotic and ambiguous, but that every emotion evolves, develops, branches out, and the structure of all emotions can be expressed in a tree diagram. This theory can apply to the evolution of living things and an individual's development because it is a logical relation. In other words, this theory shows a logical structure of emotion. This is the author's original theory, which was made public in 2001, but unfortunately it is still not very well known.
  The Topological Loop theory of consciousness is a theory that explains the mechanism of consciousness as topological differences.
  This book shows the classifications known as the inanimate circuit, animate circuit, perception awareness circuit and thought awareness circuit. In ancient times Greek philosopher Aristotle and Chinese philosopher Xun-zi presented four levels of difference for everything that exists in the world, but there was no analysis of what principle this theory was based on. This theory can be said to be one of this book's original theories too.
  The theory of a kinesthetic sense of word's meaning is the basee of theories 1 and 2.
  When I analyzed theory 1, the principle of emotion's systematic development, I noticed that emotions can be classified from the viewpoint of the body's action. I then wondered whether this can be applied to every word or not and did some research. I found that many researchers had already indicated similar thoughts. Such as zoologist Uexkull's "meaning of tone", psychologist Gibson's "affordance", Hiromatsu Wataru's yozairon theory, logician Frege's "sense", and there are similar thoughts in semiotics.

The purpose of this book

  The purpose of this book is to argue the three theory mentioned before using the method of hypothetical inference called abduction.
  There are three kinds of logical thinking which are deduction, induction, and abduction.
  Deduction is the method of reasoning done by stacking certain logic.
  If A then B. If B then C. Therefore if A then C.
  Example: if you study hard then you can get a good score. If you get a good score then you can pass the university's entrance examination. Therefore, if you study hard then you can pass the university's entrance examination.
  Induction is a method that widely gathers ordinary occurrences and then extracts a common feature from them to make a law.
  In case C, A was B. In case D, A was B. In case E, A was also B. Therefore A must be B.
  Example: in math, his grades were good, In French, his grades were good too. In physics, his grades were good too. He must get good grades in all subjects.
  Abduction is the method in which a hypotheses is made first and then explained. This is thought to be the reasoning that leads to scientific discovering.
  If A then B is C. If A then D is E. If A then F is G. In fact B is C, D is E, and F is G, therefore A is true.
  Example: if he is smart then his math score is good. If he is smart then his French score is good. If he is smart then his physics score is good. In fact, his math, French, and physics scores are good. He must be smart.
  The more abduction's predictions correspond to facts in the given range which is being explained, the more the reliability increases.
  The three hypotheses in this book are theories dealing with the whole mind. Therefore this book covers all part of the mind to enhance the reliability. "Whereof one can speak, thereof one must speak completely."

Composition of this book

  Figure 1 shows how every part is related in the brain. The brain is a conglomerate of circuits. In this figure signals mostly flow clockwise.
  Figure 2 shows how emotions grow and branch out. The longer the line is, the older the emotion is. Time flows from top to bottom.
  Part one explains the types and mechanisms of memory, language, and logic. To learn the mechanism of memory gives you a hint about the efficiency of memory. To learn the mechanism of language helps foreign language acquisition. To learn the mechanism of logic helps you to properly understand things and can give you a technique to see the truth.
  Part two explains the mechanism of emotion along with emotion's evolution and development, and also discusses personality. With this you can understand the actions of human beings.
  Part three explains fundamental questions such as consciousness, mind, life, and death. It not only answers philosophical questions, but also allows more large scale contemplation.
  If the contents are classified by academic field then Q1 to Q10 are neuroscience, and cognitive science, Q10 to Q28 are analytic philosophy, cognitive linguistics, philosophy of science, and logic, Q29 to Q78 are evolutional psychology, developmental psychology, and social psychology, Q79 to Q81 are personality psychology, Q82 is personality psychology, clinical psychology, and psychiatry, Q83 to Q85 are biology, evolution theory, and neuroscience, Q86 to Q99 are neuroscience, and cognitive science, and Q100 and Q101 are physics and cognitive philosophy. Almost all the questions are topics currently being studied in the respective academic fields.
  This book is advancing logical reasoning based on Darwinism, and advocating a lot of new ideas to each field of study. However, they are incomplete ideas because there are no verified experiments which are indispensable to scientific studies. I hope researchers will scientifically verify these ideas in the future.

The origin of this book

  This book is the newest edition of "The Techniques of Moving the Mind, The Science of Analyzing the mind" (Shinpusha, 2001), adapted from "Seven Memories, Seven Emotions" which won the best work of the Foucault Research Paper Contest in 1998.
  Many readers were of the opinion that the previously published book was difficult to understand what I wanted to say because it dealt with widespread contents. So I wrote this book in the question & answer format. What I want to say is simply the contents of the Q & A. I wrote what I want to say throughout this book, and why I wrote this book in this preface to prevent misunderstandings.
  I will say it again because it is important, 1. the Logic Tree Theory of Emotion, 2. the Topological Loop Theory of Consciousness, 3. the Theory of a Kinesthetic Sense of Word's Meanings. To advocate these three theories is the purpose of this book.
  This book only has answers about the basic parts of the mind. Questions about society are also important and are related to the mind because society consists of individuals. However, I omit issues of art, discrimination, God, bullying, crimes, nations, war, economy, etc., because these are derivative questions which can be solved using the contents of this book.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

上級へのとびら:コンテンツとマルチメディアで学ぶ日本語 TOBIRA Gateway to Advanced Japanese Learning Through Content and Multimedia [本(日本語学習]

『上級へのとびら』
岡まゆみ(日本語教師)
くろしお出版 (2009)


今、日本語教師養成講座を受講中で、
そこで使っているテキストの一つがこれ。
気になる点を挙げる。


p137
 図1の円グラフは文化庁が2008年に行った日本の宗教人口についての調査結果を表したものです。これによると、日本の信者数は二億千百万人で、日本の全人口の約2倍となっています。この調査から、日本人の中には一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいるということが分かります。
 また、信者数ですが、まず神道系が50%で半分ぐらい、次に仏教系が44%で、キリスト教系の信者1%ぐらいです。その他の宗教の信者数の割合は5%となっています。この結果から、神道と仏教を同時に信じている人が多いだろうということが考えられます。
 私のこの円グラフには、神様は一人だけではないという日本人の宗教的意識がよく表れていると思います。


筆者モニカさんは「以上」の意味を、その数値を含まないと誤解している可能性が高い。英語の「more than」と日本語の「以上」は全く同じ意味だと思っているのだ。

「日本の信者数は二億千百万人で、日本の全人口の約2倍」
 すなわち、一人一つの宗教を信じたのでは足りない。
 数値からは一人平均二つの宗教を信じているとわかる。
 この状況では2という数値が頭に浮かんでいるはずで、この状況から浮かぶ自然な言葉は「二つ以上」である。
 にもかかわらず「一つ以上」と表現したのは、「二つ以上は2を含まないから言い過ぎで、一つ以上なら一つを含まない」と考えたからと推測できる。
 英語で「以上」に相当する一般的な表現は、「more than」であるが、この表現はその数値を含まない。「more than 2」と言えば、「3つ以上」を意味する。モニカさんは、2を含めたかったので、「more than 1」と考え、「1つ以上」と表現したのであろう。

この問題は論理的な問題ではない。論理的にはモニカさんの理解は誤りである。

理由1
 「一つ以上」は一つを含む表現である。ゆえに、ある国でたくさんの人が一つの宗教だけを信じている場合も、「一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいる」といえる。すなわち、世界中のほとんどすべての国は、「一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいる」国である。
 「~ことが分かります。」という表現は、判明するという意味であり、「新知識の獲得」を意味する。「世界中のほとんどの国は、一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいる」ことは、世界共通の事実であるため、新知識とみなすには不自然である。
 モニカさんは事実を確認したのだ、と見るのも不自然である。事実の確認と理解した場合、モニカさんは「日本もまた、一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいる平均的な国である」と理解したことになるが、後半の文章にそぐわない。

理由2
 極論的な例として、ある一人が二億千百万種類の宗教を信じ、その他の人はすべて無信仰であった場合も「日本の信者数は二億千百万人」となる。この場合「日本人の中には一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいる」という言葉は誤りである。
 すなわち、論理学的には、この情報からは「日本人の中には一つ以上の宗教を信じている人がたくさんいるということ」は分からないのである。もちろん「日本人の中には二つ以上の宗教を信じている人がたくさんいるということ」も分からない。ゆえに、モニカさんは論理的に推論して述べたのでもないのである。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

今年読んだ本・お勧めのおよそベスト10 [ベスト10]

今年読んだ本は、日本語329冊、中国語9冊、英語4冊、韓国語12冊。今年はアクシデントが多く、あまり外国語の本を読めなかった。

2014年は、日本語444冊、中国語8冊、英語3冊、韓国語22冊。
2013年は、日本語407冊、中国語17冊、英語8冊、韓国語14冊。
2012年は、日本語221冊、中国語14冊、英語7冊、韓国語18冊。
2011年は、日本語221冊、中国語17冊、英語14冊、韓国語21冊。
2010年は、日本語132冊、中国語9冊、英語23冊、韓国語22冊。
2009年は、日本語315冊、中国語6冊、英語31冊、韓国語2冊。

以前は日本語書籍のみで、
2008年333冊、2007年507冊、2006年649冊、
2005年597冊、2004年826冊、2003年720冊。
これ以前は本に日付を入れる習慣なし。

以下、今年読んだ本のお勧めおよそベスト10、順番は読了日付の逆順。



2015.11.18
『古代大和朝廷』
宮崎市定(東洋史)
ちくま学芸文庫(1995)


☆☆☆☆☆
中国史の大家が語る古代日本史。ミステリーを解くようなスリリングが謎解きが面白い。資料の少ない古代について、抜群の推理力を持つ著者が、中国史と対照しつつ分析していくのだ。高丘親王の碁は世界一!

難易度2/5 推薦度4/5




2015.09.28
『日本人の仏教史』
五来重(仏教民俗学)
角川選書(1989)


☆☆☆☆☆
理論や上辺の仏教ではなく、民衆たちが信じ求めた実在した仏教の実態を知る。

祈祷仏教、葬式仏教と侮蔑し程度の低い仏教と評価するのは、観念的なインテリやブルジョア的思想家の宗教観であり、相手にする必要はない。座禅や千日行などの苦行も、仏教学の学習も一つの方便であって、仏教の目的は民衆の救済である!

難易度3/5 推薦度4/5




2015.09.27
『同時通訳者の英語ノート術&学習法』
工藤紘実(翻訳通訳サービスの提供会社経営)
KADOKAWA/中経出版(2014)


☆☆☆☆☆
著者が通訳者でも何でもないところが注目点。通訳会社を経営している人が通訳者に聞いたりしてまとめたもの。

実は現役の通訳者というのは、基本的に体育会系の人たちで、論理的に考えたり説明する能力は高くなく、応用言語学の研究もよく知らない人が多い。独断的なことを言う人ばかりで、意外と参考にならないのだ。

その点、この著者は客観的によく通訳者を観察しており、通訳技術に必要な練習や語学学習法をよくとらえているのである。

難易度2/5 推薦度4/5




2015.09.13
『Forty Studies That Changed Psychology 5th edition』
Roger R. Hock(心理学史)
Pearson Prentice Hall(2005)


(心理学を変えた40の研究)
最新版ではないが、四つほど入れ替わっているだけ。心理学を代表する研究が紹介されている。研究一つ一つが、前提や実験、応用や最新情報などと段階を追って解説されている。ただし、やや文章が難しいように思う。

難易度5/5 推薦度4/5




2015.08.08
『중국어의 비밀: 한국인을 위한 중국어 사용설명서』
박종한(중국 언어 문화)
궁리(2012)


(中国語の秘密:韓国人のための中国語使用説明書)
韓国の中国語研究が凄い。日本では読むことができないことばかり。中国語の四つのメタ文法の解説がすばらしい。限定性効果、時間順序原理、選択制約、文法化を知るべし。

古代中国語には二重子音があったり、有気無気でなく有声無声の対立だったり、語順も英語っぽいのが面白い。

難易度3/5 推薦度5/5




2015.07.21
『Atkinson & Hilgard's Introduction to Psychology 14th edition』
Susan Nolen-Hoeksema(心理学)
Thomson Wadsworth(2003)


(ヒルガードの心理学)
シリーズ唯一のハードカバー版で読みやすい。心理学を総網羅する定番のフルカラーの教科書。私が完読した人生で一番重い本になると思う。心理学を研究する人は是非一冊持つべき本。

難易度4/5 推薦度4/5




2015.07.14
『目の見えない人は世界をどう見ているのか』
伊藤亜紗(美学、現代アート)
光文社新書(2015)


☆☆☆☆☆
目の見えない人の世界に迫る良書。日本の視覚障害者の点字識字率は12.6%。メモをとることができないので、記憶しなければならない。色の概念を理解して色の好みもあるが、色を混ぜることが理解できないというが興味深い。ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってみたくなった。

難易度2/5 推薦度4/5




2015.05.26
『意識をめぐる冒険』
クリストフ・コッホ(神経科学)
岩波書店(2014)


☆☆☆☆☆
ロマンチックな還元主義者クリストフ・コッホの脳研究と科学論が面白い。相互作用する部分から成り立つシステムであれば、ある程度の意識を持つ。科学の対象にならないものがあると言い切るには早すぎる!

難易度3/5 推薦度4/5




2015.03.25
『命ひとつ:よく生きるヒント』
大峯あきら(浄土真宗、宗教哲学者、俳人)
小学館101新書(2013)


☆☆☆☆☆
新書でここまで濃い宗教書が出ていることに驚愕させられる。仏教とは、仏が説いた教え、仏=法について説いている教え、私たち自身が仏になっていく教え。

難易度4/5 推薦度4/5


仏とは何か、私がたくさんの仏教書を読んで得た結論は、「一回きりしかない人生を受け入れて、その一瞬一瞬を精一杯生きて、思い残すことなく生ききり、自らの人生を完成させる人」である。完成する=仏となると涅槃に入り、二度目の人生はないし、必要もないのである。

しかし大乗仏教として民衆を説くことに重点を置くようになると、仏となるには現実はあまりに不公平であることに気づく。過酷な人生を送り、何の救いもないまま死んでいく者も多くいる。彼らに悟って人生を受け入れろというのは無理な話である。

そこで人々が見いだしたのが極楽浄土である。浄土は天国とは異なる。浄土は不公平な娑婆とは異なり、誰もが公平に仏への修行をすることができる成仏修行の道場であり、たとえればフィットネスクラブのようなものである。家で減量するのは難しいが、フィットネスクラブ=浄土でトレーニングし、トレーナー=如来の指示を受けて実行すれば、減量=成仏するのは難しくないというわけ。

浄土教では念仏のみが条件とされるが、それは個々人は仏たることを望むだけでよい、その以外のことは如来に任せればよいということである。


2015.03.24
『最貧困女子』
鈴木大介(ルポライター)
幻冬舎新書(2014)


☆☆☆☆☆
人は低所得に加えて「三つの無縁」「三つの障害」から貧困に陥る。家族、地域、制度の無縁。精神障害、発達障害、知的障害。お金をたくさん使う人も多いので、貧困というより最底辺という感じ。日本の裏の一面を知る。

難易度1/5 推薦度4/5




2015.03.05
『アインシュタイン、神を語る:宇宙・科学・宗教・平和』
ウィリアム・ヘルマンス(社会学、詩人)
工作舎(2000)


☆☆☆☆☆
神を信じる著者がアインシュタインを無神論から救い出そうと説得して空回りし続ける話だが、その結果、アインシュタインの思想の深さ、天才、そしていい人さに驚かされる。アインシュタインの宇宙的宗教って実は仏教が一番近いのだ。

難易度3/5 推薦度4/5




2015.02.14
『教誨師』
堀川惠子(ジャーナリスト)
講談社(2014)


☆☆☆☆☆
死刑囚に説教をする僧侶の話。些細なことから犯罪者になる人、さらに明らかに冤罪のまま死刑になる人もいる。悪人とは何なのか考えさせられる。

難易度2/5 推薦度4/5




2015.01.28
『〈できること〉の見つけ方:全盲女子大生が手に入れた大切なもの』
石田由香理(全盲女子大生)
岩波ジュニア新書(2014)


☆☆☆☆☆
リアルで臥薪嘗胆を実行するのには脱帽(睡眠時間を削るためにコンクリートの床に寝たという)。タマネギを切るのを自分の役割にもらったりとか障害を逆手に取るのも面白い。色は皮膚感覚でも識別できるというのは、色の本質について興味深い。

難易度2/5 推薦度4/5

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

2014年に読んだ本・お勧めのおよそベスト10 [ベスト10]

2014.12.19
『音のない世界と音のある世界をつなぐ』
松森果林(ユニバーサルデザインコンサルタント)
岩波ジュニア新書(2014)


中学から高校にかけて失聴した著者が、聞こえる状態と聞こえない状態の二つを知る者として、ユニバーサルデザインの構築する仕事をする。聴覚を失うまでの短い自伝と仕事の様子を解説。ディズニーランドや羽田空港国際線旅客ターミナルでのユニバーサルデザインの話が面白い。

障害があるというのはどういうことか、それをどうすべきかよくわかる良書。

☆☆☆☆☆
難易度1/5 推薦度5/5



2014.11.04
『数学の想像力:正しさの深層に何があるのか』
加藤文元(数学)
筑摩選書(2013)


数とは何か、数学史を織り交ぜつつ、本質に迫る良書。

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度5/5



2014.09.06
『平安女子の楽しい!生活』
川村裕子(王朝文学)
岩波ジュニア新書(2014)


現代の若者言葉や用語をふんだんに使って、当時の家屋、服装、恋愛などを面白く解説している。

☆☆☆☆☆
難易度2/5 推薦度5/5



2014.07.13
『京の和菓子:暮らしを彩る四季の技』
辻ミチ子(宇治市歴史資料館館長)
中公新書(2005)


お菓子の説明が楽しい一冊。江戸時代のカステラが謎過ぎる。

☆☆☆☆☆
難易度2/5 推薦度4/5



2014.07.03
『アインシュタインのパラドックス』
アンドリュー・ウィテイカー
岩波書店(2014)


量子エンタングルメントをめぐる物理学史+量子コンピュータの話。コペンハーゲン解釈は科学史上最大の詭弁!

☆☆☆☆☆
難易度4/5 推薦度4/5




2014.06.27
『大岡越前守忠相』
大石慎三郎(日本近世史)
岩波新書(1974)


大岡忠相こそ全日本史をとおしてもっともすぐれた政策官僚!お話で人気が出たのではなく、実績があるから面白い話が出来た人なのだ。とても面白い。お勧めの一冊。

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度5/5



2014.06.02
『王朝文学の楽しみ』
尾崎左永子(歌人、エッセイスト)
岩波新書(2011)


文章が実に美しい。本当に日本語うまい。

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度5/5



2014.05.25
『諸宗破折ガイド』
宗旨建立750年慶祝記念出版委員会
大日蓮出版(2007)


無茶苦茶面白い。日蓮正宗がすべての宗教を解説し、切りまくる。解説がわかりやすくよくできている。新興宗教の部分だけ取り出して販売したらかなり売れそう。

☆☆☆☆☆
難易度2/5 推薦度5/5



2014.04.19
『素粒子論はなぜわかりにくいのか』
吉田伸夫(素粒子論、量子色学)
技術評論社(2013)


最近やっとコペンハーゲン解釈の空疎さが指摘されるようになったが、この本も場の観点から解説している。粒子かつ波じゃなく、はっきりと波が基本で波が粒子の姿を見せるのが真相なのだ。物質の根源が理解できる一冊。

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度5/5



2014.04.10
『大江大海一九四九』
龍應台(作家)
天下雜誌(2009)


(台湾海峡一九四九)
台湾の外省人を中心に、台湾原住民、ドイツ人やオーストラリア人などにインタビューして、1930~50年に何か起きていたのか、戦争とは何かを問う大作。戦争の残酷さと恐ろしさを徹底して直視する姿勢が凄い。

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度5/5



2014.04.04
muryoju.jpg 『無量寿経講話』
真野正順(宗教学者、浄土宗)
大法輪閣(1963)


非常に良い本。『無量寿経』の解説として最高の一冊だと思う。研究者にありがちな字句の分析や社会背景を読み取ることなどよりも、僧侶として経典の持つ本当の意味を取り出そうとしている。僧侶にありがちな科学や社会に対する偏見もないのが素晴らしい。病床での口述筆記らしい。

☆☆☆☆☆
難易度2/5 推薦度5/5


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

2013年に読んだ本・お勧めのおよそベスト10 [ベスト10]

2013.12.12
『真空のからくり』
山田克哉(理論物理学)
ブルーバックス(2013)


四つの力の違いやヒッグス粒子など、最先端物理学を多数の図版を使ってわかりやすく解説している。




2013.11.13
『単純な脳、複雑な「私」』
池谷裕二(脳研究、海馬)
ブルーバックス(2013)


最新の脳科学をわかりやすく語る。高校生への授業として構成されている。情報量的にもかなりのものがある。




2013.10.12
『大栗先生の超弦理論入門』
大栗博司(素粒子論)
ブルーバックス(2013)


宇宙の空間と時間の本質に迫る一冊。空間を構成概念へと格下げする!




2013.10.24
『脳がつくる倫理』
パトリシア・S. チャーチランド(心の哲学)
化学同人(2013)


道徳や倫理は脳科学が解く!生物学がついに哲学に戦いを挑む。哲学者として生物学を引き入れて人間性の問題を解き明かす野心作。




2013.10.20
『ヒトはなぜ神を信じるのか』
ジェシー・ベリング(実験心理学、コラムニスト)
化学同人(2012)


いつも見守っていることが神の本質。心の理論が生み出すのが神の思考なのだ。アメリカでも賞を受賞した名著。




2013.09.08
『フィーリング・ブッダ』
デイビッド・ブレイジャー(アミダ・トラスト)
四季社(2004)


仏陀の新しい解釈。家族を捨てなかったし、感情も否定しなかった。誇り高く生きることを伝える新しい仏陀像を提示する。




2013.09.03
『菩薩の願い』
丘山新(印度哲学、物理学)
NHKライブラリー(2007)


菩薩、敢えて地に降りて人々とともに苦しみ喜びを共にする思想の発展を知る。人類全員が菩薩たるべし!




2013.08.09
『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』
青木薫(理論物理学)
講談社現代新書(2013)


人間原理の解説として最もわかりやすい。宇宙の神秘と驚異を知る最高の一冊。




2013.07.05
『고양이, 만나러 갑니다:행복한 고양이를 찾아가는 일본 여행』
고경원(女性ブロガー作家)
아트북스(2010)


(猫、会いに行きます:幸福な猫を探しに行く日本旅行)
猫好きの女性ブロガー作家が、猫好きの多い隣国日本を猫観光旅行する。猫旅行したいなあ。日本にこんなに猫スポットがあるのに驚き。




2013.04.14
『The Essentials of English: A Writer's Handbook (with APA Style)』
Ann Hogue
Pearson ESL(2003)


猛烈に勉強になった。日本の文法書よりずっといい。文法と論文の書き方のリファレンスブック。
特に外国人がアメリカの大学留学した場合を想定してある。例文もくすっと笑えるような構成になっている。アメリカのアマゾンのレビューもほとんどが5点満点!強力推薦の一冊。




2013.01.30
『프로이트의 환자들: 정신분석을 낳은 150가지 사례 이야기』
김서영(精神分析、映画評論)
프로네시스(2010)


(フロイトの患者たち:精神分析を生んだ150の事例)
英語版全集24巻から作った事例集。ユングやラカンの解説もあり、オイディプス・コンプレックス、自我、超自我、イド、無意識、意識、前意識の関係など非常にわかりやすい。ユングの元型、ラカンの想像界、象徴界、実在界との関連も説く。著者は多くの対立的を視点の違いの問題ととらえている。




2013.01.01
honentoshinran.jpg 『法然と親鸞』
増谷文雄(宗教学)
在家仏教協会(1959)


法然と親鸞の本当の違いがよくわかる。日本の宗教思想の核心に迫るもの。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

2012年に読んだ本およそベスト10あまり [ベスト10]

2012.11.23
『物質が語る自画像』
リチャード・ハモンド(理論物理学者)
ブルーバックス(2008)


原題:From Quarks to Black Holes

イタコ化した物理学者が物質たちと会話する!
物質のキャラクターが奇想天外で、
面白可笑しく宇宙を理解できる。お勧め。



2012.11.01
honennotegami.JPG 『法然の手紙:愛といたわりのことば』
法然(浄土宗開祖)
人文書院(1991)


法然の性格がよくわかる。お勧め。



2012.10.31
『「余剰次元」と逆二乗則の破れ』
村田次郎(物理学)
ブルーバックス(2011)


近距離での重力定数の測定実験史
非常に面白いのでお勧め。



2012.10.18
『源平合戦の虚像を剥ぐ』
川合康(日本中世史)
講談社学術文庫(2010)


戦場の実像がわかり面白い。お勧めの一冊。



2012.10.03
bukyonosusume.jpg 『仏教のすすめ』
大野正雄(浄土真宗僧侶、戦病で四肢麻痺)
百華苑(1970)


古本屋で安く買った薄い本だが、
神と仏の違いから、悪人正機、創価学会まで
まじめに難しい問題に答えている。



2012.09.23
honen.jpg 『法然』
梶村昇(日本仏教思想史)
角川選書(1970)


親鸞のよきひと、法然の伝記
法然によって仏教はインド哲学から宗教になったと言って良いと思う。
梶村昇の著作は歴史家の視点で書かれていて、いずれも説得力がある。
法然の伝記としては一番の出来と思う。



2012.08.15
『꽃신:김소연 동화집』
김소연(作家)
파랑새어린이(2008)


(花飾りの靴:キム・ソヨン童話集)
中編童話が3編。李朝を舞台に、士大夫の家の少女と貧しい少女、卵売りの少女と行商人の青年、炭焼売りの少年と流刑になった士大夫との交流を描く。イラストが美しくてかわいい。



2012.08.08
『Gone with the Wind』
Margaret Mitchell(作家)
Pan Books(2008)


(風と共に去りぬ)
有名なベストセラー。登場人物の設定と描き方が素晴らしく、ストーリーも息をつかせぬ展開で非常に面白い。高飛車で自分勝手な勘違い毒舌女スカーレット・オハラだが、美人で礼儀正しく責任感が強いという見事なアンバランスさが面白い。振られた腹いせに恋敵の兄と結婚したり、金目当てで妹のフィアンセを奪ったりする。しかしその恋敵を命がけで守る羽目になったりもする。

レット・バトラーやアシュレ・ウィルクス、メラニー・ハミルトンなど人物の描き分けが素晴らしい。

千ページあるので読むのはかなり大変。黒人や下層白人の英語がなまっていて意味がわかりにくい。黒人の描き方が現代的には相当に問題であると考えられている。



2012.06.15
『民主的细节』
刘瑜(政治学者)
上海三联书店(2009)


(民主主義の詳細)
中国の政治学者がアメリカの政治史を語ることで、アメリカの民主主義の本質、アメリカがなぜ世界一なのかを語るもの。そして中国に何が足りないのかを語っている。

これはもちろん日本に足りないものでもある。是非、日本語に翻訳して欲しいと思う一冊。



2012.04.17
『光の場、電子の海』
吉田伸夫(素粒子論、量子色学)
新潮選書(2008)


とても面白い。量子力学より量子場理論!



2012.04.06
『哲学概説』
樫山欽四郎(西洋近代哲学)
創文社(1964)


哲学をテーマ別に分けて解説する名著。
哲学というと哲学者別が多いのだけども、
それをテーマ別に分けてたくさんの哲学者の考えを解説してある。



2012.03.02
『中国化する日本』
與那覇潤(日本近現代史)
文藝春秋(2011)


非常に面白い。
日本近現代史を事実の羅列でなく、
因果関係と背後の潮流を読み取ることができる。

"というのが通説です"、
"という見方が主流です"が頻出し、
異端の学説を主流のように見せかけていると疑わしい。
大学の面白い講義というイメージ。
参考文献が大量にあるので、
これを参照するのが前提の本。
膨大な情報量がある。



2012.01.05
『「超音読」英語勉強法』
野島裕昭(学習塾講師)
日本実業出版社(2010)


お薦めの良書。
音読を中心に英語学習法を解説。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

2011年に読んだ本のおよそベスト10 [ベスト10]

2011.11.30
『Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln』
Doris Kearns Goodwin(歴史家)
Penguin(2009)


『ライバルたちによるチーム:エイブラハム・リンカーンの政治の真髄』
リンカーンとそのライバルの伝記をくっつけたもの。そうすることでリンカーンの実態を浮かび上がらせている。リンカーンの人間的魅力がよくわかる本。

この本は900ページ以上ある上に、字も小さく、文章も150年前の手紙の引用を大量につきはぎしてあって、語彙の難易度も高い。けれども内容が面白くて、テーマに興味があれば、そういうことは問題にならないと確信できた。




2011.11.20
『話の主導権を握る会話術』
マティアス・ペーム(アナウンサー)
主婦の友社(2001)


会話の流れを動かす技術を語る。これは決してただ相手に反撃したり、相手を操るというだけではなく、お互いのためにも有効に使える。言ってはいけないことを自然に回避したり、致命的な対立を事前に避けることもできる。




2011.10.08
『秀丽江山(套装共4册) [平装]』
李歆(作家)
朝华出版社(2007)


光武帝小説として一番の出来だと思う。劉秀と陰麗華の死まで後半まできっちり描ききった大作。




2011.09.29
『どこにでもいる「イヤな奴」とのつきあい方』
ジェイ・カーター(心理学)
集英社インターナショナル(2004)


嫌な奴とは人を支配しようとする人間のこと。心理学的観点からその攻撃をかわし、あるいは防御する方法を述べ、また自分がそういう人間ではないかと検討する視点もある。




2011.09.01
『타임머신 없는 시간여행-진경문고』
이남석(認知科学者)
보림(2007)


『タイムマシンなしの時間旅行』
画家の母をなくした父と娘が母の遺品の時計を修理しようとイタリアへ旅行する。さまざまな時間論が展開する哲学的、科学的小説。娘が韓国語英語バイリンガルで、国外を転々としているのが、今の韓国らしい。




2011.08.24
『その科学が成功を決める』
リチャード・ワイズマン(心理学)
文藝春秋(2010)


自己啓発書を批判的検討したもの。いわゆる多くの自己啓発書の根拠がいかに薄弱か、本当に効果のある方法を知る本。




2011.07.20
『心理学の「現在」がわかるブックガイド』
越智啓太,他(教育心理測定学)
実務教育出版(2011)


ここまで多彩な良書をよく集めたものだと思う。新書や文庫など手軽なものも多く紹介されているのがよい。心理学を知りたい人の第一歩に是非お薦め。




2011.05.20
『中国人口通史 东汉卷』
袁延胜
人民出版社(2007)


歴史研究でここまで数値にこだわった本は珍しいと思う。私はこの本で光武帝の凄さをさらに知らされたのであった。




2011.04.02
『Harriet Tubman:The Road to Freedom』
Catherine Clinton(歴史家)
Back Bay Books(2005)


『ハリエット・タブマン:自由への道』
奴隷解放活動家ハリエット・タブマンの本格的な伝記。人間の裏表までの詳細な分析が光る。




2011.03.15
『パワフル・プラセボ-古代の祈祷師から現代の医師まで』
Arthur K.Shapiro(精神医学)
協同医書出版社(2003)


医学の歴史をプラセボ/偽薬効果の観点から語り直し、科学研究の方法論から医療のあるべき姿まで語られるスケールの大きい本。本当の科学思考を知りたい人にお勧め。



2011.03.08
『ことばと思考』
今井むつみ(認知科学、言語心理学)
岩波新書(2010)


ことばが与える思考への影響を知る。ことばの不思議な世界を知る良書。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:

2010年に読んだ本ほぼベスト10 [ベスト10]

2010.12.12
『다윈의 식탁』
장대익(과학철학자)
김영사(2008)


『ダーウィンの食卓』
ハミルトン追悼BBCの特別番組で
グールド軍vs.ドーキンス軍が激突!
ピンカー、チョムスキー、デネット、ウィルソン、
ソーバー、コスミデス、トリバース、マイアー、
エルドリッジ、ギルバート、メイナード・スミス、
その他の碩学が知のバトルロイヤルを繰り広げる、
まさに"幻のBBC番組"を再現したもの。
非常に面白い本。




2010.10.31
『东汉光武帝刘秀大传』
臧嵘(历史家)
人民教育出版社(2002)


光武帝研究の最新のもの。
度田も大成功との結論で、
光武帝の評価が非常に高い。
光武帝劉秀こそ
人類史上最高の英雄であると信じる
全世界の光武帝ファン必読である!




2010.09.27
『代替医療のトリック』
サイモン・シン(科学ジャーナリスト)
新潮社(2010)


医学と科学思考についてわかる名著。
どうやら鍼治療の効果は100%プラシーボ。
大部分の代替医療は多くの症状で
プラセボ効果を上回る効果はない。
科学的医療は代替医療の良いところを
既に取り込んでいることなど。




2010.09.01
『〈私〉の存在の比類なさ』
永井均(哲学、倫理学)
講談社学術文庫(2010)


過去現在未来の無数の人間のうちこの人間が、
そしてこの人間だけが私であり、
他はそうではないという事実の持つ偶然性と、
それら無数の人間も
どれも私ではない私は存在しないこともできたはずなのに
実際にはそうなっていないという事実の持つ奇跡性。




2010.07.29
『通訳の技術』
小松達也(サイマル・インターナショナル社長)
研究社(2005)


通訳の技法や練習法が満載の良書。
あてにならない個人流の説明ではなく、
応用言語学などの研究をベースに解説されており、
信頼性が非常に高い。
この本の内容を知らない人は
通訳を教える資格はないと断言できる。




2010.07.04
『日本は世界5位の農業大国』
浅川芳裕(雑誌農業経営者副編集長)
講談社+α新書(2010)


日本農業の実態を知る。
農業を強化すると自給率は下がること。
日本は農業大国であること。
消費者が犠牲になっていることなど。
衝撃的な事実がわかる。




2010.07.03
『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ』
水野麻子(特許翻訳)
講談社+α新書(2010)


まあ語学力ゼロは大嘘だけど、
翻訳が通訳とは本質的に違うことがよくわかり面白い。
翻訳に必要なのは外国語力より母国語力であり、
検索能力が大事ということ。




2010.07.01
『Behind Rebel Lines: The Incredible Story of Emma Edmonds, Civil War Spy』
Seymour Reit(writer, cartoonist)
Graphia(2001)


男装して北軍の兵士となり、
さらにスパイとして活躍した女性、
エンマ・エドモンドの伝記。
若き男性兵士、白人の婦人、
黒人の老婆、黒人の少年にまで変装する。
非常に面白く、英語も簡単なので超お勧め。




2010.4.28
『Harriet Tubman: Conductor on the Underground Railroad』
Ann Petry(writer)
Amistad(1996)


奴隷を北部へと解放する地下鉄道の指導者、
黒人女性ハリエット・タブマンの伝記。
当時の新聞記事も載せてあって資料性も高い。
地下鉄道のエピソードを中心に構成されている。
かなり面白い本で、今の多読のきっかけになった。




2010.03.07
『엄마를 부탁해』
신경숙(작가)
창비(2008)


『母さんをお願い』
失踪した母を巡る思い出を中心に、
母の生涯に思いをはせる名作。
"母"というのが、いかにも韓国らしい。




2010.01.02

『宇宙を織りなすもの』
ブライアン・グリーン(物理学者、超ひも理論)
草思社(2009)


宇宙の神秘を語る良書
宇宙には中心はない。
遠くの銀河は光速より速く遠ざかっている。
局所性、localityとは物理的な影響力はそばのものに。
その局所性を越える量子エンタングルメントは、
因果関係ではないこと。

過去、現在、未来の区別は幻影であり。
実在しているのは全体としての時空。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

2009年に取り上げた本およそベスト10 [ベスト10]

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2008年に読んだ本・お勧めのおよそベスト10 [ベスト10]

2008.12.05
『なぜ貧困はなくならないのか:開発経済学入門』
ムケシュ・エスワラン(経済学)
日本評論社(2000)

 貧困を生むメカニズムを明快に説明する名著。




2008.10.22
『日本文化の歴史』
尾藤正英(日本近世史、近世思想史)
岩波新書(2000)

 日本人の特性というべき役割に生きる歴史性を解き明かす。真の日本人論。





nighten_1.jpg 『ナイティンゲール:[その生涯と思想]Ⅰ』
エドワード・クック(ジャーナリスト)
時空出版(1994)

 若い頃からやっばり違う。クリミアの天使の知恵の凄さ。





nighten_2.jpg 『ナイティンゲール:[その生涯と思想]Ⅱ』
エドワード・クック(ジャーナリスト)
時空出版(1994)

 地味な裏の闘いを知る。





nighten_3.jpg 『ナイティンゲール:[その生涯と思想]Ⅲ』
エドワード・クック(ジャーナリスト)
時空出版(1994)

 まさに知恵に生きた女性の伝記。志を曲げずに突き進む姿が心を打ちます。




2008.09.10
『フロー体験:喜びの現象学』
チクセント・ミハイ(心理学)
世界思想社(1996)

 どのように生きるか、人の望ましい生き方を知る。




2008.06.07
『この中国語はなぜ誤りか』
岡部謙治
光生館(1990)

 中国語の微妙な感覚がわかる名著。




2008.05.13
『「戦争」の心理学:人間における戦闘のメカニズム』
デーヴ・グロスマン(陸軍、心理学)
二見書房(2008)

 人は人を殺せないこと、殺すとはどういうことかを知る衝撃の書。




2008.02.07
『越えられなかった海峡:女性飛行士朴敬元の生涯』
加納実紀代(女性史)
時事通信社(1994)

 映画青燕の主人公。葛藤の中でもがく女性を描く。




2008.03.07
『日本手話とろう文化:ろう者はストレンジャー』
木村晴美(ろう者、手話通訳教官)
生活書院(2007)

 ろう者は障害者でなく、外国人のようなものという新しい観点を見せる。




2008.02.13
『累犯障害者:獄の中の不条理』
山本譲司(元衆議院議員)
新潮社(2006)

 日本の犯罪者の多くは福祉のボーダーラインから漏れた人ばかりだった。
 



2008.02.11
『エクスプレスEゲイト英和辞典』
田中茂範(応用言語学、認知意味論)
ベネッセ(2007)

 英語の感覚をコアで捉える新しいタイプの辞書。直感で語感をとらえる。




2008.01.21
『迷惑な進化:病気の遺伝子はどこから来たのか』
シャロン・モアレム(進化生理学、神経遺伝学)
NHK出版(2007)

 進化の観点から病気をとらえた新しい医学の見方。ミステリーふうに書かれていて面白い。



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「反米」日本の正体(文春新書) [本(日本の問題]

『「反米」日本の正体』
冷泉彰彦(作家、ジャーナリスト)
文春新書(2015)


小学館の日本国憲法は
109万部のベストセラー

自衛戦争の放棄に反対していた共産党
それに反論した吉田茂

60年代、沖縄の世論の99%が祖国復帰を支持

ラストサムライは政治的リベラルからの日本へのラブコール

アメリカの民主党の理念、
普遍的な自由、民主、平等原理を世界に普及する

年次改革要望書は日本からアメリカにも出されている

日米安保と在日米軍は日本の軍国主義を抑えるためのものだ。
キッシンジャー

もし米軍が撤退したら、日本は軍事力を強化するだろう。
誰も日本の再軍備を望んでいない。
従ってわれわれは瓶のふたなのだ。
ヘンリー・C・スタックポール

☆☆☆☆☆
堤未果への反論、アメリカは本当に貧困大国なのかを
親米保守と反米リベラルの政治思想史から解説。

"日本の知識人に親米派は極めて少数"
これは本当にそう思うし、またとても危険なことだと思う。

難易度3/5 推薦度3/5

タグ:冷泉彰彦
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

日本浄土教の世界 [本(仏教]

『日本浄土教の世界』
竹村牧男(仏教学、宗教哲学)
大東出版社(2012)


法然は日本人自身の民衆の仏教を創唱

悟りとは自我が解体されて
本来の自己の自覚がもたらされること

如来は限られることのない時間に住している
常住の大悲
欧米では日本の最高の哲学者、鈴木大拙
背く我々を追いかけて包むもの

至誠心=真実の心
深心=深く信じる心
回向発願心=浄土に生まれたいという真摯な心

二十五三昧会の念仏結社

大悲無倦、常照我身
大悲倦きことなくして常に我を照らしたまふ

華厳宗の相承を受け祖師の一人となった法然

証空は道元の異母弟
領解の立場を重視するのが証空、機法一体の説、一遍へ影響

菩提心は、菩提そのものでなく菩提を求める心
真実心とは真実そのものでなく真実の本願をたのむ心

無量寿経の一念は一回の念仏ではなく一心の信心。親鸞

阿弥陀仏が聖徳太子の母、
観音菩薩が聖徳太子、
勢至菩薩が聖徳太子の妃

西田幾多郎の親鸞への傾倒
自己矛盾、
死ぬことを知っていること、
有限を知っているなら有限を越えているのに有限のままである

全心即佛,全佛即人。人佛无异,始为道矣。宝积禅师。
全心すなわち仏、全仏すなわち人、人と仏と異なることなくして、始めて道と為す。宝積禅師

神は無にしてアガペーの存在

☆☆☆☆☆
源信、法然、証空、親鸞、一遍、西田幾多郎の浄土思想を解説。

"法然は念仏為先、親鸞は信心為本"
これって単に説く相手の違いのためと思うんだけどな。
法然は一般人に、親鸞は僧侶に説いているから。

"我心を打捨て一向に名号によりて往生すると心得れば、
やがて決定の心はおこるなり。一遍"
念仏すれば自然に三心は備わると法然も同じことを言っている。

難易度3/5 推薦度3/5

タグ:竹村牧男
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

宇宙と生命の起源2:素粒子から細胞へ(岩波ジュニア新書) [本(物理/天文]

『宇宙と生命の起源2:素粒子から細胞へ』
嶺重慎(宇宙物理学)
岩波ジュニア新書(2014)


素粒子標準模型は、
ダークマターとなりうる粒子がなく不完全

粒子の質量には運動を起源とするものと、
ヒッグス粒子を起源とするものがある

ヒッグス粒子のパートナーとなるヒッグシーノが存在する

ブラックホールは宇宙の構造形成の陰の主役、
表の主役はダークマター

ブラックホールすべてを足し合わせても
ダークマターに匹敵する質量はない

ブラックホールは落ち込むガスの摩擦で摩擦熱が発生して電磁波を出す

太陽によく似た星を一万個集め、
一年間の情報を調べて太陽を一万年調べたことに相当する、とみなす

小惑星イトカワはかつて直径20kmを超える天体だった
地球は現在の位置より3%近いと海を維持できない

大腸に住んでいる細菌のほとんどは大腸菌ではない。大腸菌は1%に満たない
生命の世界は、細菌、古細菌、真核生物に分かれる
四万年前までネアンデルタール人、
1.8万年前までホモ・フロシエンシス、シベリアにデニソワ人

☆☆☆☆☆
太陽の一万年間観察する方法、発想の転換が凄い。

難易度2/5 推薦度3/5

タグ:嶺重慎
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

自閉症スペクトラム障害:療育と対応を考える(岩波新書) [本(脳科学]

『自閉症スペクトラム障害』
平岩幹男(小児科医師)
岩波新書(2012)


ASD,Autism Spectrum Disorder
男性が女性よりも3-5倍多い
目を合わせるのが苦手なのは2/3
苦手な種類の音があるケース
絶対音感を持っているケース

一歳六ヶ月の時点で自発語が五個以上話せる子どもは、
以前に私が調べたとろこでは男児では80%、女児では92%

並行処理が苦手
高い集中力を生かして囲碁や将棋のプロになっている方もいます
ADHDは4-8倍男性に多い

クレーン現象から指さしへ
障害はその個人の一部

☆☆☆☆☆
"自閉症を個性と考えるべきではない、障害として理解し対応する"
これは同感。個性という考えは無責任と思う。

難易度2/5 推薦度4/5



『自閉症スペクトラム:10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体』
本田秀夫(精神科医)
ソフトバンク新書(2013)


広く捉えた場合の自閉症スペクトラムは人口の10%
障害に入らない自閉症スペクトラムも
典型的な自閉症は人口の3%

一般の子どもと同じ場に参加したからといって、
自閉症の子どもたちが自動的にほかの子と
良好な相互関係を結ぶわけではない。
リタ・ジョーダン

自閉症スペクトラムの子どもに対しては、少なくとも小学校高学年まで特訓をしてはいけない
インクルーシヴな学校は子どもの多様なニーズを認識し、それぞれに異なる学習スタイルや速度に合わせたり、教育課程の適切な編成などを通してすべての子どもに質の高い教育を保証する。ユネスコ、サラマンカ宣言、1994
The fundamental principle of the inclusive school, it adds, is that all children should learn together, where possible, and that ordinary schools must recognise and respond to the diverse needs of their students, while also having a continuum of support and services to match these needs.

☆☆☆☆☆
10人に1人は広げすぎではないか。

難易度2/5 推薦度3/5

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ネコの気持ちがわかる89の秘訣:「カッカッカッ」と鳴くのはどんなとき? ネコは人やほかのネコに嫉妬するの?(サイエンス・アイ新書) [本(生物学]

『ネコの気持ちがわかる89の秘訣』
壱岐田鶴子(獣医師)
サイエンス・アイ新書(2015)


7万hzまで聞こえる
ネコは触毛を使って空気のわずかな流れを感知し、
周りの大まかな空間構造を見ることができる

尻尾を立てるのは親愛を示すあいさつ
ネコに歯磨き
飼い主がネコにスリスリされれば、仲間として認められた証拠
ペットであるイヌ、ネコ、ウマは嫉妬する
乳幼児期にイヌやネコがいるとアレルギーになりにくくなる

ネコは二年で24歳、以後は一年が四年に相当、ノラネコは一年が八年相当
ネコは13-16時間寝る、ウマは3時間
ネコは甘みをあまり感じない
ユリ科の植物はすべてネコに有毒
ネコ草

ネコの終端速度は100km/h、ヒトの終端速度は190km/h、
高層ビルから落ちても助かることも

ネコの爪は出し入れ自在
最高速度は48km/h
ケトンの臭いをかぎ分ける、死の直前の患者に寄り添うネコ、オスカー

☆☆☆☆☆
野良猫はやっぱり早死にするんだな。

難易度1/5 推薦度3/5



『猫的感覚: 動物行動学が教えるネコの心理』
ジョン・ブラッドショー(動物学者)
早川書房(2014)


原題:Cat Sense 2013

ネコはイヌの三倍いる
リビアヤマネコ

シルロカンボスの猫、人間の骸骨から40cm、
一歳の猫、大切なペットではない

黒ネコの正体は悪魔、ローマ教皇グレゴリウス九世
ネコは生後三週間以内に触ると愛着ができる、10週を越えるとペットになるのは困難

イヌとネコは青と黄色の二色のみ見える
ヒトより2オクターブ高い音まで聞こえる
キャットニップ、マタタビ、キウィフルーツの根
ネコのゴロゴロという声
去勢のためヒトに慣れにくいネコばかり残る

ネコを愛している人は、それ以上のことを知らなくても、わたしの友人であり仲間だ。マーク・トウェイン
When a man loves cats, I am his friend and comrade, without further introduction.

エジプト人はネズミを追い払う能力ばかりか、ヘビを殺す手腕にも価値を置いていたようだ。
The Egyptians seem to have valued cats not only for their ability to keep rodent pests away, but also for their expertise in killing snakes.

誰かがネコを殺すと、故意であるかどうかにかかわらず、大勢の人にひきずりだされて死刑に処される。
If any kill a cat, whether whillfully or otherwise, he is certainly dragged away to death by the multitude.

ネコの悲鳴は悪霊を退散させると考えられていたのだ。
the screams of the cats were supposed to ward off evil spirit

ネコを塔のてっぺんから投げるという慣習もあった。
An alternative was to throw cats from the top of a tower,

ネコにとって、子ネコが自分のねぐらにいれば、それは自分の子だという一般的なルールがあるようだ。
For cats, the general rule appears to be that if a kitten is in your nest, it must be yours.

☆☆☆☆☆
猫をざまざまな角度から解説する本。
耳はいいけど、目はそれほどでもないようだ。

難易度2/5 推薦度3/5

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

かんたんイラストドリル [本(身体技術]

『かんたんイラストドリル』
ささきともえ(イラストレーター)
主婦の友社(2009)


遠近法=パース
アイレベルと消失点を決める
動きのあるイラストを描く場合は、
体の骨組みを知っておくと
バランスよく描くことができる

重心を意識する
体のパーツを図形の組み合わせとみなす
子どもは頭、男性は肩、女性はお尻の比率を高く

☆☆☆☆☆
イラストの練習帳。

難易度1/5 推薦度3/5



『イラストレーターのい・ろ・は』
大賀葉子
ワークスコーポレーション(2006)


Illustratorはドロー系ソフト
スムーズツールでなぞる
パスファインダ、ブレンド
アンチエイリアス
トレースでイラスト作成
ベベル

☆☆☆☆☆
ドロー系ソフトIllustratorの解説書。

難易度3/5 推薦度2/5



『一週間でマスターするPaint Shop Pro 8』
桜坂ノボル
毎日コミュニケーションズ(2003)


傾き補正で基準線が表示される
小さな傷を消すスクラッチ除去
多数の小さな点はノイズ除去
スクリプトの記録、同じ作業を一括
マスクレイヤー、下にあるレイヤー全体を調整する
調整レイヤー、削除すると調整も消える
背景レイヤーはラスタレイヤーに変換してからマスクを作成する

自動選択ツールで適切な範囲を指定できる、
shiftを押しながらクリックで範囲を追加

選択範囲⇒変更⇒反転や穴の除去
選択範囲の編集、選択範囲のスムージング
ベクタ、ペンツールによる編集
Shift+Ctrlでドラッグでベクタを変形
Shitを押して線を引くと水平垂直45度がひける

フリーフォームの曲線、左クリックで終点が決まる、
ドラッグすると曲率と方向が変化、
コントロールアーム=ハンドルで調整

オブジェクトの整列、配置
テキストをベクタオブジェクトに変換する

☆☆☆☆☆
持っているんだけど、使いこなせてないので読んでみた。
ベクタ図形が難しくて。

難易度3/5 推薦度3/5


『ホームページ作成 Paint Shop Pro6Jテクニック事典』
佐藤信正(テクニカルライター、言語学)
ナツメ社(2000)


フローティングの文字を入力する
ベクタの文字を入力する
ぼかし(移動)で立体的に飛び出した文字に
shiftを押しながら枠線のポイントをドラッグし、斜めに変形する

ベクタ選択ツールで文字と曲線を選び、
右クリックしてテキストをパスに合わせる
Ctrlを押しながら枠角のポイントをドラッグし、台形に変形する

細かいピクセルの操作では、ルーラーを表示させる
ルーラーやグリッドを表示しておく
スムージングとベクタデータはチェックする

写真をちぎりとる、新しいレイヤーでブラシで必要な部分を塗る、
自動選択ツールで余白を選ぶ、レイヤーパレットから削除

写真を絵画化する、境界をぼかすで5ピクセル、
クローンブラシで別イメージへクローン、
チョークで密度を低めにする、
余白を密度低くクレヨンで塗る、アンシャープマスク

徐々に透明になって下地にとけ込ませる、マスクでグラデーション
部分のコントラストを変えるにはマスクを使う

☆☆☆☆☆
今も使い方は同じなんだろうか。

難易度3/5 推薦度2/5



『プロカメラマンが教える デジカメ画像加工入門for Paint Shop Pro 7J』
竹村倉二(商業写真、デザイン、マルチメディア制作)
エスシーシー(2002)


写真を合成してパノラマを作る
ペイントショッププロ形式で保存するとレイヤーも合成されずそのまま
バーチャルペインターで写真を絵に

☆☆☆☆☆
簡単な内容。カメラマンの視点で書いている。

難易度3/5 推薦度3/5

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

一度は行ってみたい絶景!日本の聖地(洋泉社MOOK) [本(日本文化]

『一度は行ってみたい絶景!日本の聖地』
洋泉社MOOK(2012)


豊後二見ケ浦の夫婦岩

大洗磯前神社、
海岸の岩礁上に立つ鳥居、茨城県

琵琶湖に浮かぶ鳥居、白髭神社
出羽三山、月山が前世、羽黒山が現世、湯殿山は来世

バク転を奉納する宗教学者にして
フリーランス神主の鎌田東二

日本三大巨岩、大野亀、標高167m、佐渡
瓜割の滝、福井県
霧島神宮、西の日光

阿蘇山あり。その石、故なくして火起こり天に接すれば、
俗以て異となし、因ってじゅ祭を行う。隋書

☆☆☆☆☆
山岳信仰と神道系のみ。
バク転を奉納する宗教学者フリーランス神主……

難易度1/5 推薦度3/5



『Discover Japan TRAVEL いますぐ旅に出たくなるニッポンの絶景』
エイ出版社(2014)


情報館天空の城
ねぶた祭り、津軽びいどろ
阿蘇郡小国町杖立温泉の鯉のぼり祭り
大曲の花火、秋田大仙市
諏訪大社の御柱祭、命がけの坂下り
北海道陸別町のダイヤモンドダスト
北陸の郷土料理、かぶら寿司

ひまわりの里、北海道雨竜郡北竜町
清水寺の特別拝観は3月中旬と11月中旬から
北海道美瑛の青池
沖縄の玉泉洞
青森白神山地のブナの原生林
天空の里、下栗の里、長野県飯田市
宮崎県、高千穂峡
不老ふ死温泉、西津軽郡、海に面した露天風呂
祖谷渓の小便小僧、徳島三好市
長野、上高井郡、雷滝、裏見の滝
袋田の氷瀑、茨城県の久慈川
桑名市のテーマパーク、なばなの里のイルミネーション
伏見稲荷の千本鳥居、きつね絵馬、おもかる石
宮島の鹿500頭
銭形砂絵、1633年から、香川県観音寺
熊本県通潤橋、観光放水と予約放水、自分で開放できる

☆☆☆☆☆
訪問に適した季節も書いてあるのがよい。

難易度1/5 推薦度3/5



『神々の宿る日本の絶景』
富田文雄(写真家)
パイインターナショナル(2012)


韓国岳、鹿児島県
高千穂町、天安河原、
天照大御神が隠れて八百万の神が協議した場所
鬼の洗濯板、宮崎
阿蘇の一心行の大桜
秋芳洞の百枚皿
高知県の観音岩=ローソク岩
土佐清水市、唐人駄馬遺跡
磐船神社、交野市、高さと幅12mの磐
静岡県の千貫門
伊勢市の夫婦岩
日本三大奇勝、群馬県の妙義山
青森、北金ケ沢の大イチョウ、樹齢千年以上

☆☆☆☆☆
写真集、古事記と日本書紀による解説。

難易度3/5 推薦度3/5



『日本水風景:松浦和夫写真集』
松浦和夫(カメラマン)
東方出版(2006)


☆☆☆☆☆
水の写真集、場所を感じさせない、
水の瞬間の表情の写真集。
周囲の風景はほとんどない。
ここに行って同じものが見られる可能性は
あまりない技巧的な芸術写真集。

難易度1/5 推薦度3/5



『日本の川:心に残る名風景』
佐藤秀明(フリーカメラマン)
ピエブックス(2010)
  

吉野川の第十堰は
人工の構築物でありながら自然と調和
青森、奥入瀬川、奥入瀬渓流
阿武隈川、日本最長の運河、貞山運河60km
長野県、万水川、大王わさび農場
石川県、犀川、詩人室生犀星の文学碑
新潟県、三面川、鮭の遡上、人工孵化場
岐阜県、馬瀬川、オオサンショウウオ
岐阜県、吉田川、夏の風物詩の新橋の欄干からの飛び込み
静岡県、狩野川、鮎の友釣り発祥の地
静岡県、那賀川、天然鮎釣りと桜並木
四万十川、大型ダムがない日本最後の清流
山口県。錦川、錦帯橋、寛永年間から伝わる鵜飼のかがり火
宮崎熊本、300年の歴史の鮎梁、ヤマメやニジマス、天孫降臨の高千穂
大分福岡、山国川、耶馬渓
熊本県、球磨川、90種類以上の野鳥
屋久島、白谷雲水峡

☆☆☆☆☆
癒される川の写真集。

難易度1/5 推薦度3/5



『日本名景紀行 日本一の写真集:歴史に彩られた建築物・自然美の風景』
アフロ
パイインターナショナル(2012)


日本最大の芝桜、滝上公園
強酸性の湖、白根山の火山湖
三重、丸山千枚田の棚田
富士山の旧名、福慈岳
富山称名滝、350m
仁徳天皇陵、486m
日本最大の風力発電所、福島郡山

北海道滝川市丸加高原の菜の花畑150ha、5月中旬から6月上旬
日本最大の水槽、沖縄美ら水族館
九重夢大吊橋、390m
香川、丸亀城、石垣の高さ60m
銭形砂絵、琴弾公園、香川、寛永通宝
新潟、片貝まつり、直径120cmの花火の玉
縄文杉の科学的年齢は2170年
山梨、北杜市、実相寺のエドヒガンザクラ、樹齢2000年
茨城、牛久大仏、高さ120m。
標高2300mの源泉、地獄谷温泉、富山
熊本、釈迦院御坂遊歩道、3333段の石段
初詣参拝最多の明治神宮300万人
駿河湾は深さ2500m
東京葛飾臨海公園、ダイヤと花の大観覧車、直径111m
日光杉並木、35.41km
鹿児島、曽木の滝、幅210m
日本最古の浄土庭園、毛越寺、岩手
秋田、大館樹海ドーム、木造で直径178m
茅葺き屋根、岩手の正法寺の本堂、1900m2
高低差2000mの黒部峡谷、富山
名古屋市科学館、内径35mのプラネタリウムドーム
秋田、田沢湖、水深423.4m、たつこ像
仁徳天皇陵は、堺市にある世界最大級の墳墓

☆☆☆☆☆
是非行ってみたい場所が多いが、無理矢理選んだものもある感じ。

難易度1/5 推薦度4/5



『死ぬまでにいちどは行きたい六十六ヵ所』
谷川彰英(教育学、柳田国男研究)
新書y(2005)


奈良長谷寺、花の寺、
日本最大の木造仏、十一面観世音菩薩
女人高野室生寺
日本一高い五重の塔、東寺
無宗派の善光寺、年間600万人の参拝者

柴又帝釈天、経営山題経寺、日蓮宗、
日蓮上人が刻んだ帝釈天の本尊、近所に寅さん記念館

禅林寺永観堂、みかえり阿弥陀
お地蔵さんは六体並べる。六道それぞれに一人
縄文杉。バスで一時間+トロッコ路線徒歩二時間+山道二時間
広島原爆の韓国人死者は二万人以上

新高山市は大阪府より広い
座右の銘。西郷は敬天愛人、大久保は為政清明
秋田の乳頭温泉、露天風呂の底が玉砂利で源泉が湧き出ている
田辺の龍神温泉、なめらかな水質
山形の銀山温泉、大正レトロの雰囲気
銚子の地球が丸く見える丘

☆☆☆☆☆
禅林寺永観堂、みかえり阿弥陀は是非見てみたい。

難易度2/5 推薦度3/5



『日本の世界遺産めぐり 国内観光旅行ガイドブック』
昭文社(2015)


知床:オシンコシンの滝
白神山地:雪人参、けの汁
平泉:中尊寺金色堂、はっと、岩手県
日光:湯波、羊羹、左甚五郎、華厳の滝
富岡製糸場:富岡シルク、こしね汁、群馬県
富士山:船津胎内樹型
小笠原諸島:ハハジマメグロ、アホウドリ
白川郷:汁だんご、どぶろく羊羹
京都:豆腐料理、京漬物

奈良:奈良漬、茶飯
法隆寺:中宮寺門前そば、大和の茶粥、法隆寺iセンター
姫路城:書写千年杉、玉椿
紀伊山地:熊野、吉野、高野山、那智大滝、勝浦温泉
石見銀山:箱寿司
原爆ドーム:もみじ饅頭、お好み焼き
厳島神社:厳島神社宝物館、穴子めし、宮島細工
屋久島:白谷雲水峡
琉球王国のグスク:首里城公園、琉球ガラス、美ら海水族館
長崎の教会:大浦天主堂1864年
産業革命遺産:長崎の軍艦島=端島炭坑
国立西洋美術館:ル・コルビジュエの設計

☆☆☆☆☆
地図そのもの。行き方がわかりやすい。

難易度1/5 推薦度3/5



『定本 日本の秘境』
岡田喜秋(作家、紀行文、社会地理学)
ヤマケイ文庫(2014)


高千穂の真名井ノ滝
人吉、五木の子守歌
日本の秘境、群馬の神流川流域、天然記念物の三波石
こんにゃくは火薬の原料にも
羊蹄山のふもとでアスパラガス
白山にアイヌ語の地名
冬になると屋根を取り外して無人にする宿
温泉の発見者は蛇、鶴、猿、鹿、鳩、鷺
十和田湖と酢ケ湯

津峯、家具の神様、延命の神
隠岐の黒木御所、後醍醐天皇、闘牛
津軽の十二湖と十三湖
蔵王の長老湖
ユースホステルは禁酒禁煙

☆☆☆☆☆
昭和30年代の旅の記録。昔の日本は秘境だらけだ。

難易度2/5 推薦度3/5



『日本百名山』
深田久弥(ヒマラヤ研究、山岳紀行)
新潮文庫(2003)


阿寒湖にはマリモと啄木の歌碑
大雪山、層雲峡、柱状節理
後方羊蹄山
岩手山、南部の片富士
月山、農業の神、月読尊を祀る、アスピーテ火山
▽登山記録
1888年7月15日に磐梯山が大爆発

殺生石の伝説
西域の美女褒姒が日本に渡来して玉藻ノ前と呼ばれ、
時のミカドの寵を一身に集めたが、
実は白面金毛九尾の狐であった。

魔の山、谷川岳、耳二つ
雨飾山
男体山と女峰山、中禅寺湖
火山の代表、浅間と阿蘇
剣岳の山頂で発見された槍の穂と唐代の錫丈の頭
槍ヶ岳の初登頂者は播隆という越中生まれの念仏僧、1828年7月28日
富士山は633年に役ノ小角に登頂、人類の登頂記録を1523年まで世界記録を維持
二番目に高いのが甲斐の白峰、北岳、3192m
伊吹山、薬草の山、スキー場
四国最高峰は石鎚山1948m
九州最高峰は九重山1788m

☆☆☆☆☆
登山者ファンのバイブル?

難易度3/5 推薦度3/5



『観光ガイド事業入門:立ち上げ、経営から「まちづくり」まで』
藤崎達也(エコツアー開発プロデューサー)
学芸出版社(2012)


知床の人気ツアー、
流氷ウォークとスノーシューイング
水中に落ちても大丈夫なドライスーツ
アイヌ民族によるガイド
先住民族エコツーリズム
サッパ船アドベンチャーズ、岩手県多野畑村

ある場所への観光は一度きりの経験
旅行会社との商品化では対応できる総人数に注意
四分の一の法則、
およそ四人に一人は
オプションの現地ガイドツアーに参加したいというお客さま

ガイドは育成するのではなく、見つけるものだ
物好きが高じてその地域に住み着いてしまったような
よそ者が、ガイドとして最適任である。
自然や歴史は好きだが人は苦手なガイド志願者は不適格

誓約書はお客様への意識付け
北海道の冬はTシャツで過ごして、冷えたビールを飲む
地域不足を素朴と呼ぶな、技量不足を豪快と呼ぶな。
頭に「え~」語尾に「ね~」をつけない

☆☆☆☆☆
プロとボランティアの関係が難しいな。

難易度2/5 推薦度3/5



『聖地にはこんなに秘密がある』
島田裕巳(宗教学者、文筆家)
講談社(2011)


世界の聖地
バチカン、ルルド、メッカ、ベナレス
神の島久高島のイザイホー
沖縄には男子禁制の聖地が多い
イニシエーションにこそ宗教の本質が示されている
ニライカナイは東方の海の彼方もしくは海の底

大神神社のご神体は三輪山
三輪山の三光の瀧、休憩所、
滝行する人のための休舎、
中津磐座、奥津磐座、高宮神社、
木綿襷をかけて御幣をもってお祓いして登る

天理教教会本部の中心、ぢば。人類の発祥した場所、信者以外も入ることができる
教祖の中山みきには今も三度の食事が出されている
高野山の弘法大師にも三度の食事が出されている
記紀神話と進化論の影響を受けた泥海古記
般若心経を元にした稲荷心経
千本の鳥居のほとんどは平成になってから奉納されたもの
靖国神社は神社本庁に包括されない
お盆までの一ヶ月間のみたままつり
国家が創建した神社が民間の宗教施設になる矛盾
名簿を提供してきたのは厚生省援護局
靖国神社は日本軍の関連施設
アミューズメント・パークにしようという計画も

伊勢神宮の遷宮、300-600億の費用、20年に一度、
その四年前に宇治橋の掛け替え、
第一回は690年、持統天皇の四年、神明造
国宝でも重要文化財でもない
弥生時代の高床式建物の姿を保存したもの
現在の伊勢神宮は復古の産物か
明治時代まで天皇は参拝せず
赤福によるおかげ横丁

出雲大社の遷宮は60年
神道とイスラム教の共通点。身を浄めること、神を描かないこと
高さの推定は最高100m、200年に七度も倒壊
48m説が有力
大社造
出雲国造は永遠の存在、肉体は仮の姿

沖ノ島、宗像大社の沖津宮、古墳時代から平安時代の出土品、
古事記が演じられたか、島は宗像大社の所有
長野県棚畑遺跡の縄文のビーナス、妊婦像

☆☆☆☆☆
島の聖地は遠いけど、それ以外は是非行ってみたいところだ。

難易度2/5 推薦度3/5

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

忍術伝書:正忍記(武道叢書) [本(日本文化]

『忍術伝書:正忍記』
藤一水子正武(忍者)
新人物往来社(1996)


忍術の三大秘伝書
『正忍記』
『万川集海』
『忍秘伝』

正忍記は楠流軍学の一部であり、
項目の内容は斥候・忍びである。

伊勢三郎義盛、義経の忍び

国情を知るには神社や寺を探るのがよい
本当に寝ていたら寝息が不規則である
相手を論破したり打ち負かしたりするとそれで関係は終わり

うつせみの もぬけのからと 身は成りて 我もあらばこそ ものおじはせめ 古歌

☆☆☆☆☆
原本、書き下し文、注釈、解説。

難易度3/5 推薦度3/5



shoninki.jpg 『正忍記:甦った忍術伝書』
藤林正武(忍者)
紀尾井書房(1988)


忍びはよく人をたぶらかす故に、
その術を知らないでは防ぎようがないから、
術の秘奥ことごとく記したのである

鳥の起こるは伏なり。孫子

義経や楠正成の忍者
真杉平次、楠正成の泣男、楠正成が戦死したと欺く

番所の前を通るとき物を投げて注意をひきその瞬間に通る

忍法依空走
忍法は空によって走る。

電光影裡に春風を斬る。

☆☆☆☆☆
原文、口語訳、解説。

難易度3/5 推薦度3/5

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

倭の五王(岩波新書) [本(日本史]

『倭の五王』
藤間生大(日本古代史)
岩波新書(1968)


『日本書紀』には
晋の『起居注』や『百済記』の引用がある

讃は429年没、珍443年没、
済460年没、興477年没、
武は502年以降没

珍と済の間に血縁関係なし
倭の五王は、履中、反正、允恭、安康、雄略

履中は即位時に弟に命を狙われる
反正は在位五年、60歳没
允恭は78歳没
安康は56歳、暗殺される
雄略は兄二人を殺して即位、すぐ殺す暴虐の君主、在位23年

林屋辰三郎、五世紀こそ古代国家の隆盛期
上田、倭の五王は河内王朝
倭王珍、部下を平西将軍、征虜将軍などに任命してもらう
百済王は鎮東大将軍、倭王は安東将軍

倭王珍の主張は南朝鮮の人が集団で日本に移住していたため、
中国南朝の方式に基づき百済新羅任那秦韓慕韓の権利を求めた

倭王済、451年、使持節都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事安東将軍倭王に
倭王武、478年、使持節都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王に

広開土王陵碑、主語を倭とするか高句麗とするか
479年、輔国将軍加羅王に
熊本の江田船山古墳の刀の銘文
大王ミズハワケ
倭の五王の相続は結果において末子相続

☆☆☆☆☆
倭王武の地位は、
中国の南朝が倭が半島諸国より有力と認めた証拠、
百済をその次と見ている。
普通に考えても、列島は半島より人口規模が大きいし、
当時の半島は四ヵ国に分裂しているんだから、
倭が半島に進出しても何の不思議もない。
文化が遅れている国こそ戦争に強いのもよくあることだし。

モンゴルが馬で中国に対して優勢だったように、
倭が船で朝鮮に対して優勢だったと考えるのは自然なこと。
統一新羅ができるまで、
倭が半島に進出していたのは当然と思える。

難易度2/5 推薦度3/5



『巨大古墳の世紀』
森浩一(考古学)
岩波新書(1981)


墳丘には木を植えなかった

全羅道の潘南面古墳群、
濠のある古墳、倭人のものではないか

前方後円墳は蒲生君平の造語
大仙陵、土盛りに140万人必要、
一日千人で四年近くかかる

ボストン美術館に大仙陵の出土品
応神と仁徳の同一説、直木孝行次郎

応神陵=誉田山古墳
仁徳陵=大山古墳

大阪東部、東大阪に広がる大きな河内湖
河内湖とその治水が王権に
考古学資料は南朝とのつながりを示すものは少ない

☆☆☆☆☆
ボストン美術館に日本の古墳の出土品があるなんて。
宮内庁が買い戻さなきゃ!

難易度2/5 推薦度3/5



『古墳の話』
小林行雄(考古学)
岩波新書(1959)


土地の精霊としての鹿

銅鐸の鋳造には輸入した銅剣、
銅矛が地金として用いられた
銅鐸は共同体の祭器、宝器、秋の収穫祭に使う
日本書紀、古事記ともに銅鐸に言及せず

同じ鋳型に作った鏡、同笵鏡
馬の登場は応神二年の百済王の献上から
古墳の境界線を示す円筒埴輪
夫婦の合葬は大陸から

☆☆☆☆☆
日本では馬は使われていなかったんだな。

難易度2/5 推薦度3/5



『日本国家の起源』
井上光貞(日本史)
岩波新書(1960)


倭国王の師升は倭面土国王だった
倭国大乱は170-80年代

畿内説の方角修正、
では女王国の東の倭種とは北なのかという問題

百済肖古王の七枝刀は石上神宮の七枝刀
著者は邪馬台国東遷説
崇神天皇が任那出身らしいこと

弥生文化とともにアルタイ語言語が入り、
言語の大変換が起こった、縄文文化はポリネシア語族
大野晋

任那放棄562年

☆☆☆☆☆
水行二十日、水行十日、陸行二十日など日数表現は
距離表現と異なり郡からの総日数じゃないかなあ。

難易度2/5 推薦度3/5



『日本古代国家の成立』
直木孝次郎(日本古代史)
講談社学術文庫(1996)


魏晋に使えた裴秀の禹貢地域図では
日本を九州を北にして
南にのびるように描かれていただろう。
室賀信夫

15世紀の朝鮮の地図では
九州が北に関東を南に描いていた

『日本書紀』は神功皇后は卑弥呼と考えていた

三角縁神獣鏡、畿内中心に分布、
三百枚出土、元は三千はあった、
高度な技術で時代的に孤立している、
銅は中国産

崇神天皇は実在
ヤマトタケルはヤマトの勇者を意味する一般的な名称

竹内街道と長尾街道
百舌鳥古墳群と古市古墳群
雄略天皇=ワカタケル=倭の武王
継体天皇即位直後の事件が磐井との戦い

天皇の称号は天武天皇より
三輪山古墳群

埼玉の稲荷山古墳の剣の銘文と、
熊本の江田船山古墳の大刀の銘文は、
同じ大王ワカタケル

高松塚古墳、40~60歳の男子、
刑部親王忍壁皇子や百済王善光の可能性

亀虎古墳、弓削皇子の可能性

☆☆☆☆☆
古田説を検討している珍しい本。

難易度2/5 推薦度3/5



nihon_keisei_.jpg 『日本国家の形成』
山尾幸久(日本古代史)
岩波新書(1977)


531年の磐井の反乱、欽明朝の成立
369年倭王権が半島に出兵して任那を立てたか
倭兵の最初の出兵は429年
任那日本府、府とは村や町の意味

事実上の任那王満致が倭王権のもとに移住、
満致を擁する倭が任那の支配を目指した

京都太秦の秦氏、本家は慶尚道の蔚珍郡
磐井は倭王ではない
隋の文帝、高句麗を漢代のように郡県に編入を宣言し出兵
ウヂ、カバネ、トモ
676年新羅の半島統一

☆☆☆☆☆
隋の文帝、考えることが荒っぽいな。

難易度3/5 推薦度3/5



『古代東国の石碑』
前沢和之(日本古代史、博物館学)
日本史リブレット(2008)


日本古代の石碑で現存するのは18基
高句麗広開土王碑文、414年
倭が辛卯の年を以て来り、海を渡りて百済□□新羅を破り、以て臣民と為す。

☆☆☆☆☆
東国の碑文と釈読

難易度3/5 推薦度2/5



『知っていますか、任那日本府』
大平裕(古河電気工業)
PHP研究所(2013)
 

徐建新の好太王碑拓本の研究、改竄説は消える
日本より後の朝鮮半島の14基の前方後円墳
広開土王碑391,399,400,404,407の記事

☆☆☆☆☆
私も任那はあったと思うけど、
列島から進出したんじゃなくて、
任那は日本の本国、弥生人系日本人の郷里だと思うんだな。
だから任那人はそもそも日本人そのもので、
任那の歴史は、日本人が半島から追い出される歴史。

難易度3/5 推薦度2/5


『日本神話』
上田正昭(日本古代史、日本史)
岩波新書(1970)


江田船山古墳の大刀銘文の書いたのは張安、渡来人
和歌山県隅田八幡宮の人物画像鏡銘文

527年継体天皇21年に筑紫の国造磐井が
北九州で新羅征討軍を迎え撃った

大海人の妃は天智天皇の娘、持統天皇
大友皇子の妃は大海人の娘、十市皇女
古事記編纂の主体は天武天皇

四世紀の王権は三輪王朝
五世紀の王権は河内王朝

出雲国風土記の黄泉の穴、島根県平田市猪目湾にある
アマテラスよりさきだつ皇祖神であったカミムスビ、高木神
天つ神と国つ神、渡来系征服民と土着被征服民
スサノヲは出雲の神
海幸彦は隼人の祖

☆☆☆☆☆
"倭人自ら太伯の後と謂う。魏略"
弥生人が呉越系の可能性が見える。

難易度2/5 推薦度3/5

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

魏の武帝 曹操(新人物往来社文庫) [本(人物伝記]

『魏の武帝 曹操』
石井仁(魏晋南北朝史、中国軍制史)
新人物往来社文庫(2010)


曹操の親友たる丁沖、字は幼陽、丁夫人の一族

後漢では人質は無視して攻撃逮捕するもの、
橋玄のエピソード

袁紹は曹操より十歳近く年上で、曹操の庇護者
桓帝と霊帝はいわれるほど暗愚ではない

無上将軍と称した霊帝、
西園軍を設立、牧伯制の採用

後漢の人々にとって、光武帝はヒーローだった。袁紹や袁術などは、悪くいえば、光武帝にかぶれていたふしがある。ふたりにくらべれば、よほど自由な発想のもちぬしだった曹操や劉備でさえ、光武帝の幻影から逃れることはできなかった。

荀彧の妻は宦官唐衡の養女
軍師と軍師祭酒は、鄧禹が設立したものを曹操がまねた

曹操の唯一の心残りは丁氏のこと
官渡の戦いの曹操軍が一万満たず、数千、歩兵五千とされるのが公式見解

ちょっと知恵があるばかりだ。曹操の知恵自慢

梁冀は鄧禹に比せられて封邑を得る
袁遺、伯業。大成した後も学び続けた人

☆☆☆☆☆
"英雄曹操から南宋から姦雄曹操への流れ"
石勒がすでに寡婦や孤児をだまして国を取ったと非難している
当時から英雄と認められていたとはいえないと思う。

p176に後漢初期の群雄割拠図がある。

難易度2/5 推薦度3/5



『曹操:三国志の真の主人公』
堀敏一(東洋史)
刀水歴史全書(2001)


田租、戸調の制度の創始

背が低いことを気にしていた曹操

荊州でも徐州でも家族を捨てて逃げた劉備
魏略の劉禅の奴隷として売られた説

孫権が張昭に従っていれば
戦乱は終わり天下は平和になった

単家であった薛夏、郷里では何度も殺されかける、
曹操に優遇されて出世するも郷里は危険で帰れず

☆☆☆☆☆
屯田の分析など。
豪族の地域での力の凄さが興味深い。

難易度2/5 推薦度2/5

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

都市:江戸に生きる〈シリーズ 日本近世史 4〉(岩波新書) [本(日本史]

『都市:江戸に生きる〈シリーズ 日本近世史 4〉』
吉田伸之(日本近代史)
岩波新書(2015)


社会=空間構造論、身分的周縁論、分節構造論
日本近世の城下町、身分集団と居住域を一致させる

大阪には諸大名の蔵屋敷があった
天保の改革、1841年と翌年の株仲間解散令、
現代資本主義の萌芽に

沽券絵図
日記言上之控
浅草寺日記
浅草寺は天台宗の総本山とされた
揚弓見世
宿場町の品川、疑似遊郭としての品川宿村
八百屋源次郎の生涯
艀下宿で五大力船から艀下船に積み替え

江戸は、近世日本において桁外れに大規模な巨大城下町であった。将軍家をはじめ、270家に及ぶ諸大名と江戸在住の家臣、5200家ほどの旗本、また1万7400家ほどの御家人などからなる武士身分をはじめ、50万人を超える町人、さらには僧侶などの生活や仕事を支え維持するため、日々膨大な量の消費物資が江戸に運ばれた。
Edo was an humongous castle city in early modern Japan. Massive amount of consumer goods were transported to Edo every day in order to support and maintain the life and work of people. There are samurais including the family that inherits the shogunate, feudal lords amounting to 270 families and their vassals, about 5,200 families of the shogun's guards, and also about 17,400 families of low-level vassals of the Tokugawa shogun. Moreover, there are tradesmen and craftsmen exceeded 500,000 people, and Buddhist priests.

☆☆☆☆☆
江戸の都市の経済を中心に描く。

難易度3/5 推薦度3/5



『天下泰平の時代〈シリーズ 日本近世史 3〉』
高埜利彦(日本近代史)
岩波新書(2015)


徳川綱吉政権は日本人の価値観を形成した。今日につながる伝統文化の歌舞伎と相撲が、生産力が増し商品流通が活発化したこの時代の、民衆の娯楽要求のエネルギーによって、工業が軌道に乗った。さらには現在の日本人の信仰のありようは、その原型となる枠組みをこの時代に形成したのだ。

近松の浄瑠璃、曽根崎心中、堀川波鼓も題材の事件あり
釜山の草梁倭館の面積十万坪、日本の出島は四千坪、唐人屋敷は一万坪

蝦夷アイヌは二万人あまり
和議の席でシャクシャインら首長を殺害
シャクシャインの戦いは1671年に終結

1634年家光が30.7万人を率いて上京
慶安事件、由比正雪の欄、1651年
明暦の大火、1657年、江戸城も焼ける、死者10万人

子どもがいないのは前世の殺生の報いである。
子どもが欲しければ生類憐みを心掛け、
とくに戌年の生まれであるから犬を大事にするように。
僧侶隆光

殉死の禁止
犬の喧嘩を見たら水を掛けて引き分けさせ怪我をさせるな
生類憐れみの対象は、捨て子、捨て病人、行き倒れ人、道中旅行者の病気保護も
服忌令、近親者の死にともなう忌引き期間の規定

近江八景と金沢八景、瀟湘八景より
江戸歌舞伎の四座体制、中村勘三郎、市村羽左衛門、森田勘弥、山村長太夫
辻相撲と勧進相撲

新井白石の改革を否定し綱吉時代に戻した吉宗
戸籍調査と面積調査
吉宗の改革:相対済し令、足高の制、上米の制
新田開発:飯沼新田、紫雲寺潟新田、武蔵野新田、見沼代用水新田で50万石の増加
定免法、有毛検見法、三分の一銀納法
質流れ地禁止令の撤廃、中間地主を公認
享保年間に一揆は増加

田沼意次の政策:
南鐐二朱銀の発行、純度の高い銀貨、銅と俵物の専売、
鉄座、真鍮座、朝鮮人参座、朱座の専売

天明期の人気力士、谷風、雷電

☆☆☆☆☆
綱吉政権がそんなに重要な存在だったとは……

難易度3/5 推薦度4/5



『江戸文化評判記:雅俗融和の世界』
中野三敏(江戸文学)
中公新書(1992)


江戸前期の元禄上方文化:西鶴、近松、芭蕉、
後期の文化文政の江戸文化:馬琴、三馬、一九

吉宗の出版に関する五箇条の禁令。
作者と出版社の明記による版権の確立

寛政の三博士。
讃岐の柴野栗山、伊予の尾藤二洲、肥前の古賀精里

イングリス ミス・ウォーカー抱え
年のころは、二十三、四。小作りなる形。髪あくまでも黒く、歯ならびに難あり。極めて人柄よく、をりをりは擦りがらしの客に騙さるることもあり。さりながら、一義この上なく、素人のおよび難きところあり。わきて「無声の横笛」の上手、ことに指使ひ絶妙の技というべし。さながら鰻の浮木にまつはるがごとく、たとえ一国の王城と引き替ゆるとも「自然の甘露」の一滴を空しうすることなし。
Miss INGLIS, at Miss WALKER''s.
This Lady is short, black hair, bad teeth, and about 24 years old. She is foolishly good-natured, and many one takers the advantage of her upon that account. Notwithstanding, she is no novice at the game of love, for she is remarkably fond of performing on the silent flute, and can manage the spots extraordinary well. She twists round you like an eel, and would not loose a drop of the precious juice of nature, not for a kingdom.

金持ちと貧乏人が来たら、貧乏人をうんともてなし、金持ちは冷遇すること
筆は一本なり、箸は二本なり、衆寡敵せずとしるべし。斉藤緑雨
本の虫の最大の敵は本当の本の虫

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度2/5

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

虎屋:和菓子と歩んだ五百年(新潮新書) [本(日本文化]

『虎屋:和菓子と歩んだ五百年』
黒川光博(虎屋十七代)
新潮新書(2005)


水戸光圀からの饅頭の注文
吉良上野介にカステラを届ける
南極の昭和基地の観測隊員のおやつ

虎屋の羊羹
外郎餅、羊羹、棹菓子
五日十日かかって遠いところへ行っても悪くならない

光圀は史記を読んで感動し学問を志す

光圀は、いちじくや東南アジアの柑橘類など珍しい果物を栽培したり、蕎麦やうどんを自ら打ち、ラーメンを賞味したという食通としての一面もあったといわれています。
Mitsukuni is reputed as having been a bit of a gourmet since he cultivated rare fruit such as figs and the citrons of Southeast Asia, made his own soba and udon, and enjoyed ramen.

(カステラ)同書によると当時の製法は小麦粉一升、白砂糖二斤、鶏卵八個をまぜ、銅鍋に入れて炭火で焼くというものです。

吉宗。飛鳥山や御殿山に桜を植樹して公園を作った。隅田川堤の桜の名所も
昭和初期にゴルフ最中

羊羹はもともと羊の肉のスープ、僧侶が肉に見立てた精進料理を作る
海軍用の円筒形の羊羹、海の勲。陸軍用の四角形の羊羹、陸の誉
ISO14001を取得
HACCPの承認を獲得
虎屋文庫
虎屋総合研究所

☆☆☆☆☆
羊羹って精進料理だったのか。

難易度1/5 推薦度3/5



『究極のお土産』
観光庁
新潮社(2014)
 

鳴門っ娘、鳳月坊、さつまいもそっくりのお菓子
雪室珈琲、新潟
岐阜まるしぼり野菜ジュース、ちこり村
京都名産の千枚漬け
蘇最中アイス奈良、ラッテたかまつ
和洋折衷珈琲羊羹、神戸珈琲
ままかり寿司、岡山
とみつ金時プリン

☆☆☆☆☆
菓子以外に飲み物、煮物、調味料なども

難易度1/5 推薦度3/5

タグ:黒川光博
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。