So-net無料ブログ作成
検索選択

一寸法師 ほか5話(日本・中国・韓国の昔話集2) [本(言語学]

『一寸法師 ほか5話:日本・中国・韓国の昔話集2』
日中韓子ども童話交流事業実行委員会
国立オリンピック記念青少年総合センター(2004)


日中韓の代表的な昔話6話の日中韓訳。良書。

●一寸法師
大きくなったら、やけに格好いい美少年だったのね。

●木の鳥
まるでロールプレイングゲームのようなストーリー。

●ひきがえるの報恩
イラストのひきがえるが可愛い。
エンディングがとぼけていて楽しい。

●やまなしとり
長男と次男が阿呆過ぎ。

●高亮、水を取りもどす
韓国語の部分を写して、スペルチェックのため自動翻訳にかけたら、

 永楽帝 ⇒ まったく楽しみ皇帝
 劉伯温 ⇒ ユベゴン

と出てきた。永楽帝がこんな陽気な皇帝だとは。
劉基/劉伯温は、まるで怪獣みたいだ。
まあ韓国語読みそのままなんだけど。
永楽帝と劉伯温は時代が少し違うけど、民話らしい適当さである。

●むすこを埋めようとした孝行者のはなし
子どもがまるまると太っているのを、
"ひきがえる"のように太ってという。
韓国では、動物に対する親しみが高いのかもしれない。


『天人女房 ほか5話-日本・中国・韓国の昔話集1』
日中韓子ども童話交流事業実行委員会
国立オリンピック記念青少年総合センター(2004)


の、後半の話も面白い。

かねのくさり(日本)
熊ばあさん(中国)
お日様とお月様になったきょうだい(韓国)

人喰いがお母さんに化けて子どもを襲う話。
3つとも、赤頭巾ちゃんの東洋バージョンです。
お母さんだけでなく、妹や赤ちゃんも喰われ、
お前も食えとその切れ端を渡される、ホラーなお話です。

この3つの比較で特徴的なのはやはり中国です。
日本と韓国は、
天からロープが下りてきてそれにつかまって助かるのですが、
中国だけは、
子ども、しかも女の子が直接対決して倒してしまうのです。
何でも自己責任、最後に頼れるのは自分だけというのはまさに中国。
中国大陸には天の助けなどないのです!

韓国の言葉の理屈好きも面白い。

"お日様とお月様になったきょうだい"では、
お母さんが虎に襲われるとき、
お餅一つくれたら助けてやるといい、
無くなると腕一本脚一本と要求されて、ついには食べられてしまいます。

また"天女と木こり"では、子ども4人つくれば、
背に負って一人、両手に一人ずつで計3人までは天に連れて帰られるが、
4人だと無理なので天に帰れないとなっています。

議論好きの韓国人の感覚が、言語における筋を重んじるのでしょう。

さらにこのシリーズはもう一冊ある。


『さるとかえるのもちころがし ほか10話:日本・中国・韓国の昔話集3』
日中韓子ども童話交流事業実行委員会
国立オリンピック記念青少年総合センター(2004)



・今日の一言
一寸法師とまったく楽しみ皇帝の放浪記が読みたい。
I'd like to read the wandering tale of the Inch-High Samurai and the Completely Joyful Emperor.
한치동이와 전혀 즐거운 황제의 방랑기가 읽고 싶다.
我很想看一寸法师和完全快乐皇帝的流浪记。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。