So-net無料ブログ作成

西欧世界の勃興-新しい経済史の試み [本(歴史]

『西欧世界の勃興』
ダグラス C. ノース(経済史学)
ミネルヴァ書房(1980)


イギリスとオランダはなぜ発展したか。

解答はオランダとイングランドにおける私有権の確立。

関連要素。
収穫逓減による土地の価値の上昇。
農業発展の限界。

三圃制は土地に対して労働価格が下がったとき有効。
土地が高くなったから三圃制が登場したのだ。

土地保有の4種:
騎士保有、鋤奉仕保有、軍事役務保有、寄進保有。

1500年は中世と近代の分水嶺。
商業の発展とともに近代が始まる。

・今日の一言
私有権の確立が西欧の経済発展を生んだ。
사유권의 확립이 서구의 경제발전을 낳았다.
私有权的确立产生了西欧的经济发展。
The establishment of the private ownership system made the Western Europe economy developed.

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。