So-net無料ブログ作成
検索選択

猫の古典文学誌:鈴の音が聞こえる(講談社学術文庫) [本(日本文化]

『猫の古典文学誌:鈴の音が聞こえる』
田中貴子(中世国文学、仏教説話)
講談社学術文庫(2014)


狸と書いてネコと読ませた日本霊異記
猫はねずみから穀物、書物、蚕を守る
中国では紀元前から養蚕家に猫が欠かせぬ存在
猫は虎の叔父、虎より偉い
猫のために千手観音を描いて祈った藤原頼長
命婦のおとどという猫、五位の位を持ち殿上する
仏典では猫はあまり良く書かれていない

隋の独孤陀という官人が猫鬼を使って人の家から金品を盗んだり、
皇后の病気を引き起こさせたりした

金沢文庫=かねさわぶんこ
三蔵法師がインドまで行って猫を連れ帰る
仏典とともにやってきた金沢猫

わたくしたち猫は、天竺唐土におそれをなす虎の子孫なのです。
日本は小さい国ですから、
その規模に比して虎より小さいわたくしたちが渡ってきたのです。

猫が秀吉の朝鮮出兵に従軍した。猫の目で時間をはかるため
ゴルゴ13が猫の目で時刻を知る

朝鮮の役に島津義弘が猫七匹を携行して、
これを各部隊に配属させた。
時刻を知るには猫の眼の動きで知るのであった。

ジャコウネコは猫ではない

☆☆☆☆☆
難易度1/5 推薦度4/5

日本は小さいので虎でなく猫が来た……
日本が小さくて良かった!

・今日の一言(本文より、陸游の詩)
裹鹽迎得小貍奴,盡護山房萬捲書。
慚愧傢貧策勛薄,寒無氈坐食無魚。
塩を裹みて小狸奴を迎え得たり 尽く山房の万巻の書を護る
慚愧す、家貧しくて策勲薄く 寒きときに氈に坐すことなく食に魚なきを
소금과 교환해서 받은 작은 고양이가 나의 서재의 많은 책을 쥐로부터 지켜주었다.
그러나 집이 가난해서 싼 월급 밖에 지불할 수 없고, 추운 때도 앉을 수 있는 펠트도 없고 식사에도 생선이 없는 것이 참 미안하다.
The little cat I got in exchange for salt has protected the numerous books in my library well from mice. I am very sorry that I am too poor to pay it more than a small salary, and I cannot give it a woollen blanket to sit on in the cold nor fish for dinner.

タグ:田中貴子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。