So-net無料ブログ作成

茶の湯(教育者歴史新書) [本(日本文化]

chanoyu.jpg 『茶の湯』
熊倉功夫(日本文化史)
教育者歴史新書(1977)


にじり口のなぞ
66cmのにじり口
能や歌舞伎のねずみ木戸

近世からお茶の歴史が分かれる日本と朝鮮
秀吉の弟秀長と二分する政治権力をもつ地位に至った利休
茶の廻しのみ
初期の茶会は宴会、酒と無礼講
わび茶は懐石と茶の手前

アミニズムから禅へ
一畳に二人という狭さ
昔は片膝で座ることも
すり足が茶の歩き方
わびとは、清々しく汚れを知らぬ新しさにある
風流とは豪華で奇抜であることだった

空海も最澄も茶をたしなんだ
明恵上人の茶会

☆☆☆☆☆
難易度3/5 推薦度2/5

利休って権力者でもあったんだな。

・今日の一言(本文より)
利休はりんどうも菊も嫌いだった、それは日を経てすこし古くなってもわからないからだ。
리큐(利休)는 용담도 국화도 싫어했다. 그것은 며칠이 지나 조금 시들어도 차이를 알 수 없기 때문이다.
利休讨厌龙胆和菊花,因为即使过了几天它们旧了些,外表上的变化也不明显。
Rikyu disliked gentians and chrysanthemums because they don't change appearance even when they start becoming old.

タグ:熊倉功夫
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。