So-net無料ブログ作成

日本浄土教の世界 [本(仏教]

『日本浄土教の世界』
竹村牧男(仏教学、宗教哲学)
大東出版社(2012)


法然は日本人自身の民衆の仏教を創唱

悟りとは自我が解体されて
本来の自己の自覚がもたらされること

如来は限られることのない時間に住している
常住の大悲
欧米では日本の最高の哲学者、鈴木大拙
背く我々を追いかけて包むもの

至誠心=真実の心
深心=深く信じる心
回向発願心=浄土に生まれたいという真摯な心

二十五三昧会の念仏結社

大悲無倦、常照我身
大悲倦きことなくして常に我を照らしたまふ

華厳宗の相承を受け祖師の一人となった法然

証空は道元の異母弟
領解の立場を重視するのが証空、機法一体の説、一遍へ影響

菩提心は、菩提そのものでなく菩提を求める心
真実心とは真実そのものでなく真実の本願をたのむ心

無量寿経の一念は一回の念仏ではなく一心の信心。親鸞

阿弥陀仏が聖徳太子の母、
観音菩薩が聖徳太子、
勢至菩薩が聖徳太子の妃

西田幾多郎の親鸞への傾倒
自己矛盾、
死ぬことを知っていること、
有限を知っているなら有限を越えているのに有限のままである

全心即佛,全佛即人。人佛无异,始为道矣。宝积禅师。
全心すなわち仏、全仏すなわち人、人と仏と異なることなくして、始めて道と為す。宝積禅師

神は無にしてアガペーの存在

☆☆☆☆☆
源信、法然、証空、親鸞、一遍、西田幾多郎の浄土思想を解説。

"法然は念仏為先、親鸞は信心為本"
これって単に説く相手の違いのためと思うんだけどな。
法然は一般人に、親鸞は僧侶に説いているから。

"我心を打捨て一向に名号によりて往生すると心得れば、
やがて決定の心はおこるなり。一遍"
念仏すれば自然に三心は備わると法然も同じことを言っている。

難易度3/5 推薦度3/5

タグ:竹村牧男
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。