So-net無料ブログ作成
原書(英語 ブログトップ
前の30件 | -

今年読んだ英語の本 [原書(英語]

今年は余裕なく3冊のみ。

『Wolf of the Deep: Raphael Semmes and the Notorious Confederate Raider CSS Alabama』
Stephen Fox(歴史家)
Vintage(2008)


(海の狼:ラファエル・セムズと悪名高き南軍通商破壊船CSSアラバマ)

(英語多読56冊目。2014.10.14読了。)


『Harry Potter and the Deathly Hallows』
J. K. Rowling(作家)
Bloomsbury Publishing(2007)


(ハリー・ポッターと死の秘宝)

(英語多読55冊目。2014.09.12読了。)


『The Sable Arm: Black Troops in the Union Army, 1861-1865 (Modern War Studies)』
Dudley Taylor Cornish
Univ Pr of Kansas(1987)


(黒色の腕:北軍の黒人部隊、1861-1865(現代戦争研究))

(英語多読54冊目。2014.05.20読了。)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

今年読んだ英語の本 [原書(英語]

『Harry Potter and The Half-Blood Prince』
J. K. Rowling(作家)
Bloomsbury Publishing(2012)


(ハリー・ポッターと謎のプリンス)
あれ、ついにヴォルデモートが出なかったな、過去シーンだけだった。かわりにダンブルドアが亡くなった。スネイプってハリーにやられるぐらい弱いと思ってたのに……。日本語版のタイトルはなぜ"謎の"にしたんだろう。混血とかハーフじゃだめなの?

(英語多読53冊目。2013.11.11読了。)


『Stealing Secrets: How a Few Daring Women Deceived Generals, Impacted Battles, and Altered The Course of the Civil War』
H. Donald Winkler
Cumberland House(2010)


(機密を盗む:大胆な女性たちがどのようにして将軍を騙し、戦況を変化させて南北戦争の進展を変えたか)
南北戦争の女スパイ17人の伝記。若い女性が男装して従軍しても誰一人男とばれないのが不思議だ。

(英語多読52冊目。2013.10.04読了。)


『The King Arthur Trilogy』
Rosemary Sutcliff(作家)
Red Fox(1999)


(アーサー王三部作)
『Sword And The Circle』『Light Beyond The Forest』『Road To Camlann』の三冊を一冊にまとめたもの。650頁もある。古語的表現が多く名詞が難解。支離滅裂な話をうまくまとめてある。最期はみんな出家しちゃった。主人公はランスロットだよね。醜くて美しくて女性に愛される顔立ちってどんななんだか。左右が猛烈に不均等だそうで、平均顔の原理に大きく反しているな。

(英語多読51冊目。2013.05.26読了。)


『The Elements of Style Illustrated』
T William Strunk Jr.
Penguin(2007)


(文体の初歩、イラスト版)
アメリカの文系の大学生向けの文章読本。Maira Kalmanのイラストがシュールで凄い。本文とほとんど関係ないのだ。

(英語多読50冊目。2013.04.18読了。)


『The Essentials of English: A Writer's Handbook (with APA Style)』
Ann Hogue
Pearson ESL(2003)


(英語の必須事項:筆者のためのハンドブック、APA形式の紹介付き)
アメリカの大学生のための文章読本。特に留学生に重点を置いている。文法から論文の書き方まで至れり尽くせり。英語を書く人に強力推薦の一冊。

(英語多読49冊目。2013.04.14読了。)


『Harry Potter and the Order of the Phoenix』
J. K. Rowling(作家)
Bloomsbury Publishing(2012)


(ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団)
Voldemortって、いつも年度末になると暴れ出すよな。梅雨時の季語みたいなもんかな。

(英語多読48冊目。2013.04.05読了。)


『Sherman: Soldier, Realist, American』
B. H. Liddell Hart(軍事史研究家)
Da Capo Press(1993)


(シャーマン:戦士、現実家、アメリカ人)
英語多読46冊目。軍事史研究家リデル・ハートが書いた南北戦争の名将シャーマンの伝記。近代の総力戦の創始者であり革命家。

(英語多読46冊目。2013.03.10読了。)


『Honen the Buddhist Saint:Essential Writings And Official Biography(Spiritual Masters: East and West)』
Joseph A. Fitzgerald(比較宗教学)
World Wisdom Books(2006)


(聖僧法然:主要記録と公式伝記)
法然上人の本を日本語でたくさん読んだので英語訳を対照するのに読んだもの。写真が多くてコンパクトにまとまっていて読みやすい。

(英語多読47冊目。2013.03.21読了。)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

Mary Seacole: The Charismatic Black Nurse Who Became a Heroine of the Crimea [原書(英語]

『Mary Seacole』
Jane Robinson(historian)
Robinson Publishing(2006)


(メアリー・シーコール:クリミアのヒロインとなったカリスマ黒人看護師)

アフリカ文化とカリブの薬草を使って医療活動、
メアリも母もただ看護だけでなく治療も行った。
そこで検死解剖をし、コレラにより破壊された体を確認する。
このコレラのときに蓄えた知識はクリミアで使われることになる。

多くの人はこの母っぽい黄色い女性が熱帯医療の専門家と言われても真に受けなかった。
ナイチンゲール派から拒絶され、自費で治療活動を行う。
これをナイチンゲールは売春宿と呼んで嫌悪していた。
ナイチンゲールの病棟は非常に厳格であったが、
アメリの病棟はおおらかであったため、さまざまな事件があったようである。

ナイチンゲールは理想に捧げる、輝ける指揮者であり、活動家で政治家であったが、
メアリは医師であり、薬剤師であり、死を看取る母や妻であり
実践家であり、慰める人であり企業家であったとしている。

・今日の一言(本文より)
Mary was not a political figure, no freedom-fighter, nor even a pioneer of hospital or battlefield nursing.
メアリーは政治的な要人ではなかったし、自由の戦士でもなく、あるいは病院や戦場看護の開拓者でもなかった。
메리는 정치적인 요인이 아니고, 자유의 전사도 아니고, 혹은 병원이나 전쟁터 간호의 개척자도 아니었다.
玛丽不是政治的要人,也不是自由的战士,又不是医院和战场护理的先驱。

タグ:Jane Robinson
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

The Case of Abraham Lincoln [原書(英語]

『The Case of Abraham Lincoln』
Julie M. Fenster(歴史家)
Palgrave Macmillan(2008)


(弁護士リンカーンの事件簿:不倫、殺人、そして偉大なる大統領への道)

ジョージ・アンダーソン氏が後頭部を殴打されて死亡、
死体を調べるとさらに毒を飲まされていたことが判明、
その結果、アンダーソン氏の妻とそのいとこが逮捕される。
ここでリンカーンが妻を弁護して無罪になる。

アンダーソン殺人事件とリンカーンが大統領を目指す話が同時に進行する。
すべて実際の日時の順に進むのだ。
アンダーソン氏がなくなるのはp70で、
一体いつになったらリンカーンがこの事件を担当するのか、期待しながら読み進むと、
リンカーンが弁護の依頼を受けたのはなんとp200のこと。
この本はp228しかないのに。
そこまで二つの話に全く関連がないのに、数ページごとに場面が切り替わるという、
奇っ怪な本である。

・今日の一言(本文より)
He was found in his yard, but the suspicion now is that he was murdered in his bed, and carried into the yard.
彼は庭で見つかったが、今や疑惑は、彼がベッドで殺害されて、庭へ運ばれたということだ。
그는 안마당에서 발견되었지만, 이제 의혹은 그가 침대에서 살해되어서 안마당으로 옮겨졌다는 점이다.
他是在庭园发现的,但现在怀疑他是在床上被杀后,搬到庭园里去的。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

Where Death and Glory Meet: Colonel Robert Gould Shaw and the 54th Massachusetts Infantry [原書(英語]

『Where Death and Glory Meet: Colonel Robert Gould Shaw and the 54th Massachusetts Infantry』
Russell Duncan(historian)
Univ of Georgia Pr(1999)


『死と栄光の出会う場所:ショー大佐と第54マサチューセッツ歩兵連隊』
南北戦争初めての黒人部隊の創設とその戦い。
まだ25歳の美貌のショー大佐が率いる黒人部隊というのは絵になるようなあと思う。
カバーも格好いいし、本文も短いので簡単に読め、お勧めの一冊。

映画『グローリー』の話。

ショー大佐は身長165.1cm、痩せて繊細な優しい容貌で、
髭を剃って仮装舞踏会で女装したときは
誰も正体がわからなかったという。

軍隊の養成に長けたマクレーンを尊敬し、
彼の率いる第54マサチューセッツ歩兵連隊は軍紀が厳しかった。

もともと一家は奴隷解放論者でジョン・ブラウンを支持していた。
戦場で何度も死にかかっている。
Front Royalの戦場で銃撃されるも胸の懐中時計に当たって助かり、
Antietamでは首に銃弾が当たるもスピードが弱く助かった。

ショー大佐は常に最前線で戦ったので戦意が高かった。
将軍として特別待遇があったが常に兵士たちの側で起居した。
最期の言葉は不明だが剣を振って前進と叫んだと伝えられる。

彼らの活躍により、白人と同じように戦えると証明し、
他の6つの黒人連隊も人足扱いは受けなくなった。

死体は要塞の側で彼の兵士とともに埋められ今もそのままである。

・今日の一言(本文より)
We would not have his body removed from where it lies surrounded by his brave & devoted soldiers, if we could accomplish it by a word.
一言でそうすることができるのなら、私たちは息子の遺体を彼の勇敢で献身的な兵士に囲まれて横たわる場所から彼の体を運び出すつもりはありません。
한마디로 그렇게 할 수 있다면, 우리는 아들의 시체를 그의 용감하고 헌신적인 병사들 곁에서 그의 몸을 옮길 생각이 없습니다.
如果我们的一句话能改变的话,我们不想把儿子的遗体从被他的勇敢而献身的士兵包围躺卧的地方搬出来。

タグ:Russell Duncan
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Harry Potter and the Chamber of Secrets [原書(英語]

『Harry Potter and the Chamber of Secrets』
J.K.ローリング(作家)
Scholastic Paperbacks(1998)


原書で読んだ後に、日本語で確認した。
場面転換と反語がまだ難しい。

ダンブルドア先生の言葉がいい言葉だと思う。
自分とは何か、それは自分の選択そのものなのだ。

・今日の二言(本文より)
Never trust anything that can think for itself if you can't see where it keeps its brain?
脳みそがどこにあるか見えないのに、一人で勝手に考えることができるものは信用しちゃいけないって、教えただろう?
뇌가 어디에 있는지 보이지 않는데 혼자 멋대로 생각할 수 있는 것은 신용하면 안된다고 가르쳤찮아.
我不是告诉过你不要相信看不见脑子在哪儿,但能独自思考的东西吗?

It is our choices that show what we truly are, far more than our abilities.
自分がほんとうに何者かを示すのは、持っている能力ではなく、自分がどのような選択をするかということなんじゃよ。
자신이 정말로 누구인가를 나타내는 것은, 가지고 있는 능력이 아니고 자신이 어떤 선택을 할 것인가라고 하는 것이다.
显示自己到底是什么人,不是所持有的能力,而是自己做出的选择。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

今年読んだ英語の本 [原書(英語]

今年読んだ英語の本は14冊でした。数は少ないが、最期の『Team of Rivals』が大作なので仕方ないところ。

『Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln』
Doris Kearns Goodwin(歴史家)
Penguin(2009)


『ライバルたちによるチーム:エイブラハム・リンカーンの政治の真髄』
リンカーンとそのライバルの伝記をくっつけたもの。そうすることでリンカーンの実態を浮かび上がらせている。リンカーンの人間的魅力がよくわかる本。

英語多読38冊目。2011.11.30読了。


『The Graveyard Book』
Neil Gaiman(作家)
Bloomsbury Publishing(2009)


『墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活 』
一家惨殺事件に生き残った赤ん坊が墓場で死者たちによって守られて育つ。ちょっとダレン・シャンぽいかなと思った。

英語多読37冊目。2011.11.16読了。


『Florence Nightingale at First Hand』
Lynn McDonald(ナイチンゲール研究)
Continuum Intl Pub Group(2010)


ナイチンゲールの原資料からコンパクトにまとめられた伝記。時代別ではなく、テーマ別に解説されている。

英語多読36冊目。2011.09.06読了。


『Mrs. Lincoln and Mrs. Keckly』
Jennifer Fleischner(歴史家)
Broadway(2004)


『リンカーン夫人とケクレー夫人』
リンカーン夫人が親友と呼んだ黒人のドレスメーカーケクレー夫人、二人の伝記。
英語多読35冊目。2011.06.14読了。


『Girl in Blue』
Ann Rinaldi(作家)
Scholastic(2004)


『北軍の少女』
南北戦争の時代に、暴力的な父から逃げて男装して兵士となった少女の物語。

英語多読34冊目。2011.05.28読了。


『Mary Seacole: The Charismatic Black Nurse Who Became a Heroine of the Crimea』
Jane Robinson(歴史家)
Robinson Publishing(2006)


『メアリ・シーコール:クリミアのヒロインとなった黒人看護師』
ナイチンゲールとしばしば対比されるメアリ・シーコールの伝記。何もかもが対照的。

英語多読33冊目。2011.05.06読了。


『The Case of Abraham Lincoln: A Story of Adultery, Murder, and the Making of a Great President』
Julie M. Fenster(歴史家)
Palgrave Macmillan(2008)


『弁護士リンカーンの事件簿:不倫、殺人、そして偉大なる大統領への道』
リンカーンが担当したアンダーソン殺人事件と、その頃のリンカーンの行動を並列して解説。しかし本が終わる直前になって事件を担当するため、二つの話にほとんど関連がないという奇妙な本。

英語多読32冊目。2011.04.29読了。


『Harriet Tubman:The Road to Freedom』
Catherine Clinton(歴史家)
Back Bay Books(2005)


『ハリエット・タブマン:自由への道』
奴隷解放活動家ハリエット・タブマンの本格的な伝記。

英語多読31冊目。2011.04.02読了。


『Where Death and Glory Meet: Colonel Robert Gould Shaw and the 54th Massachusetts Infantry』
Russell Duncan(歴史家)
Univ of Georgia Pr(1999)


『死と栄光の出会う場所:ショー大佐と第54マサチューセッツ歩兵連隊』
南北戦争初めての黒人部隊の創設とその戦い。美貌のショー大佐が率いる黒人部隊というのは絵になるようなあと思う。

英語多読30冊目。2011.03.13読了。


『Helen Keller (Scholastic Biography)』
Margaret Davidson
Scholastic Trade(1997)


『ヘレン・ケラー』
子ども向けのヘレン・ケラーの伝記。

英語多読29冊目。2011.02.19読了。


『George Washington Carver: From Slave to Scientist (Heroes of History)』
Janet Benge, Geoff Benge
Emerald Books(2001)


『ジョージ・ワシントン・カーバー:奴隷から科学者へ』
植物学者として有名なジョージ・ワシントン・カーバーの伝記。どんな境遇でもポジティヴなのが印象的。

英語多読28冊目。2011.02.10読了。


『Harriet Tubman: Freedombound (Heroes of History)』
Janet Benge, Geoff Benge
Emerald Books(2002)


『ハリエット・タブマン:自由へ』
ハリエット・タブマンの伝記。

英語多読27冊目。2011.01.17読了。


『Frederick Douglass: Slave, Writer, Abolitionist (Signature Lives: Civil War Era)』
Brenda Haugen
Compass Point Books(2005)


『フレデリック・ダグラス:奴隷、作家、解放論者』
黒人の人権活動家フレデリック・ダグラスのイラスト伝記。

英語多読26冊目。2011.01.09読了。


『Robert E. Lee: Confederate Commander (Signature Lives)』
Jennifer Blizin Gillis
Compass Point Books(2005)


『ロバート・E・リー:南軍の将軍』
南軍きっての名将リーのイラスト伝記。

英語多読25冊目。2011.01.04読了

nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:

The Graveyard Book [原書(英語]

『The Graveyard Book』
Neil Gaiman(作家)
Bloomsbury(2009)


一家斬殺事件で赤ん坊だけが奇跡的に生き残り、墓場でゴーストたちに助けられて育つ。名前はノーボディ・オーエンズ。主人公の成長の物語。

ゴーストたちは1世紀の死者までいて各時代の歴史の話なども出てくる。最期には命を狙うジャックたちとの対決がある。

伝説上の魔物や、全体の世界観について詳しく語られないので、不完全な印象を受けるけども、ヨーロッパ圏の文化的知識がある人なら、別に不思議ではないのかもしれない。

キプリングのジャングルブックが下敷きだそうだ。

(2011.11.16読了。英語多読37冊目)

・今日の一言(本文より)
"Well," said the girl, "what was you when you was last birthday?"
じゃあ、誕生日を最後に祝ったときはいくつだったの?
그럼, 생일을 마지막으로 축하받은 게 몇 살이었어?
那么,上次过生日的时候,你几岁了?

タグ:Neil Gaiman
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln [原書(英語]

『Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln』
Doris Kearns Goodwin(歴史家)
Penguin(2009)


『ライバルたちのチーム:エイブラハム・リンカーンの政治の真髄』
遂に読了。英語を多読を始めてからの一つの目標を達成。全文を音読、意味をちゃんと理解できるようにチャンクでしっかり切っての音読、わからない単語と文章にはチェックを入れながら読み進めた。

英語のプライベートレッスンでは、読んだ本のわからないところを聞くことがあるのだけど、そのときにこの本を取り出すと先生が思いっきりビビってた(笑)。分厚いからねぇ。インデックスまで数えると900ページを超える。字もまた小さいんだ。

この本はリンカーンの伝記ではあるが、実際にはその周囲の人たるライバル、特にエドワード・ベイツ、ウィリアム・ヘンリースワード、サーモン・チェイスの三人と伝記でもありその家族にも詳しい。スタントン、ウェルズ、ブレイアーなども詳しく描かれている。

共通項として奴隷制度に反対する同志であり、共和党の中核メンバーであり、奴隷制との戦いの記録と読むこともできる。

私の場合は、以前からリンカーンと光武帝劉秀の共通点という観点から見ているのだが、二人は実は非常に共通点が多く、人格的に全く同タイプの人間だと感じる。

奴隷解放と人権宣言、人民のための政治を公言していたこと、分裂した国家の統一、その規模が3000万人、話好きでジョークを好みよく笑い、酒タバコなどは嫌いだが宴会やパーティは好き、多彩な職業経験を持ち、驚異的な身体の頑強さ、読書マニアで、仕事中毒だけれども何より家族を大切にし、ねばり強くて寛容な性格。同性愛説があることとか、妻は10歳年下の大金持ちのお嬢様ということまで同じ。

(2011.11.30読了。英語多読38冊目)

・今日の一言
Government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the Earth.
人民の人民による人民のための政治はこの地上から決して消え去ることはないであろう。
국민의, 국민에 의한, 국민을 위한 정부는 지상에서 멸망하지 않을 것이다.
使民有、民治、民享的政府,能长存于世。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

Harriet Tubman:The Road to Freedom [原書(英語]

『Harriet Tubman-The Road to Freedom』
Catherine Clinton(歴史家)
Back Bay Books(2005)


『ハリエット・タブマン:自由への道』
ハリエット・タブマンは南北戦争の直前の頃、南部から北部へと奴隷を逃亡させる組織で活躍した黒人女性。本人も南部の奴隷であり、その組織"地下鉄道"によって北部へ脱出し、その後、南部へたびたび潜入して、奴隷を救出した。

ハリエット・タブマンは子ども向けの本は無数にあるのに大人向けの本が少なく、そうした中での待望の一冊がこの本。

父のBen Rossは1840年に自由黒人になり、法律では母はとっくに自由になっているはずでその娘たちも自由黒人のはずだった。黒人の無知を利用して、こうしたことが横行していたらしい。

地下鉄道用の専用車は、庭師が市場に行くときのものを改造し、運転手の下に二人隠れることができた。1831年ケンタッキーの奴隷タイス・ディビスがオハイオで自由を目指し、沼で消え去るがこれが地下鉄道の第一の事件という。

黒人は北部でも差別されていた。黒人が自宅を建てようとすると毎晩近所の白人が来て破壊したという。

ハリエットの姪とされる謎の女の子マーガレット。その兄弟を残しマーガレットだけ北へ連れて行っている。1850年頃の生まれで、肌の色はやや白い。ハリエットに性格が似ているという。著者はハリエットと白人の間に生まれた娘ではないかと推測している。連れて帰ってからも特別にマーガレットを大切していたからである。

南北戦争中はスパイとして活躍。偵察して南軍の魚雷の位置を報告したり、Combahee川で奴隷を大量逃亡させたりした。

ハリエットと初の黒人連隊54thとの関係。連隊長のショーが最期の朝食を配給した。また戦いの後、白人の負傷者はクララ・バートンのいるヒルトン・ヘッドへ、黒人の負傷者はハリエット・タブマンのいるビューフォーへ収容された。

ハリエットの自慢は、8年間の救出活動で一度も失敗したことも乗客を失ったこともないこと。

この本では晩年に詐欺強盗に遭ったことも詳しく紹介されている。

(2011.04.02読了。英語多読31冊目)

・今日の一言(本文より)
Tubman had provided the location of Rebel torpedoes and guided the ships to avoid them.
タブマンは南軍の機雷の位置を提供し、それを回避するために船をガイドしました。
터브먼은 남군의 기뢰의 위치를 제공하고, 그것을 피하기 위해 배를 안내했습니다.
塔布曼提供了南军水雷位置的情报,帮助船躲避水雷。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

Freedom Train: The Story of Harriet Tubman [原書(英語]

『Freedom Train: The Story of Harriet Tubman』
Dorothy Sterling(歴史家)
Scholastic Trade(1991)


『自由への列車:ハリエット・タブマンの物語』
ハリエット・タブマンは南北戦争の直前の頃、南部から北部へと奴隷を逃亡させる組織で活躍した黒人女性。本人も南部の奴隷であり、その組織"地下鉄道"によって北部へ脱出し、その後、南部へたびたび潜入して、奴隷を救出した。

北への移動は夜に行う。そのとき北極星を目印にするが、曇のときは木に付いた苔で判断する。

南北戦争が終わったとき列車に乗ったとき、許可証があったにもかかわらず荷物車へと追いやられる。黒人で女性であったためであり、ここから新しい戦いが始まる。

晩年には英国のビクトリア女王からの招待状を受け取っている。

(2010.05.05読了。英語多読5冊目)

・今日の一言(本文より)
Her purchase at Christmas was a heavy silver pistol.
クリスマスの彼女の買い物は重い銀色のピストルだった。
크리스마스 때 그녀가 산 것은 무거운 은색의 권총이었다.
圣诞节她买了一把很重的银色手枪。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

Harriet Tubman: Conductor on the Underground Railroad [原書(英語]

『Harriet Tubman: Conductor on the Underground Railroad』
Ann Petry(作家)
Amistad(1996)


『ハリエット・タブマン:奴隷解放の地下鉄道の指導者』
著者は黒人女性初の百万部越えのベストセラー作家。

ハリエット・タブマンは南北戦争の直前の頃、南部から北部へと奴隷を逃亡させる組織で活躍した黒人女性。本人も南部の奴隷であり、その組織"地下鉄道"によって北部へ脱出し、その後、南部へたびたび潜入して、奴隷を救出した。

子どもの頃に逃亡する奴隷を助けたために頭に負傷し、ナルコレプシーを患う。奴隷を救出して引き連れるときも眠りに陥るが、そのとき見た予知夢に従って行動することで危機を脱出する。

あるいは南部で奴隷を集めるとき彼女は歌を歌って呼びかけるなど、幻想的な話もある。

この本を読んで感じたことは、英語の多読にさいして何を読む選択が難しいけども、内容を知りたいもの、それが英語でしか知り得ないものであるほど、読書を続けやすいということ。
(2010.04.28読了。英語多読4冊目)

・今日の一言(本文より)
We got to go free or die.
私たちは自由になるかさもなくば死ぬしかない。
우리는 해방이 되든가 그렇지 않으면 죽을 수 밖에 없어.
我们只有两条路,自由和死。

タグ:Ann Petry
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

Mrs. Lincoln: A Life [原書(英語]

『Mrs. Lincoln: A Life』
Catherine Clinton(歴史家)
Harper Perennial(2009)


『リンカーン夫人の生涯』
初めて最期まで読んだ大人向けの英語の本。432ページあって、100年前の英語表現もたくさん引用されていてなかなか手強い。しかし人物伝記は小説と違い、謎を考える必要はないし、ただ時間順に展開するので理解しやすい。

実はこの本を読むことで、光武帝の最初の皇后郭聖通についてよく理解できる。境遇がよく似ているからだ。

アメリカ合衆国のファースト・ファースト・レディであるメアリ・トッド・リンカーンは、南部の有力な富豪一族出身。そのためしばしばホワイトハウスにいるスパイと呼ばれたりした。またリンカーンの最初の恋人であるアン・ラトリッジと比較して、リンカーンが本当に愛していたのはアン・ラトリッジで、メアリはその代用品と誹謗されたりした。

メアリはお金使いが荒く、たくさん借金を作ってしまう。性格はヒステリーの傾向が強く、しばしばリンカーンに当たり散らしていた。リンカーンをホウキや棒で殴ったとか、包丁を持って追い回したとも言われる。それでも二人は非常に深く愛し合っていて、メアリも常にリンカーンのためなら何でもすると公言していた。子供もたくさんいて、リンカーンも妻と子供が一番大切と手紙で書き残している。

リンカーンはイリノイ最強の男と称してプロレス巡業したと言われるほど怪力の大男、大統領時代にもなお屈強の水兵と力比べして勝つほどなので、実際にはたいしてひどい喧嘩ではなかったらしい。

リンカーンの暗殺の現場にメアリは同席していて、その頃から一気に精神の安定が失われ、息子によって精神病院に監禁されたこともあった。

これを郭聖通と比較すると、郭聖通は河北の大豪族、劉氏の血をひく名門の出身で、光武帝劉秀の建国に貢献したが、その親族が謀反した後に皇后になっており、裏切り者一族の皇后と見なされた。さらに劉秀と陰麗華が相思相愛なのは公然の事実なので、郭聖通と劉秀の関係は偽の愛情と見なされていただろう。また郭聖通が皇后を廃されたのは、郭聖通の態度の急変にあることから、精神失調が疑わしい。劉秀よりも若いのに早くなくなったことから病気があったと理解できる。

ただし郭聖通と劉秀の関係は非常に深いもので、子供も5人以上いて、皇后から廃した後も劉秀は郭聖通のためにいろいろなことをしており、実際詳しく調べると陰麗華より郭聖通を愛していたのではないかと疑わしいほどである。劉秀から郭聖通への愛情には変化がなかったとわかるのである。
(2010.06.10読了。英語多読11冊目)

・今日の一言(本文より)
Herndon suggested Lincoln had never loved his wife but pined for Ann Rutledge. Mary was just a poor substitute for his first love.
ハーンドンは、リンカーンは妻を愛しておらず、アン・ラトリッジを想っていたと言い出した。メアリーは単に彼の初恋の粗悪な代用品だ。
헨돈은 링컨이 아내를 사랑하지 않고, 앤 루틀리지를 사모하고 있었다고 말했다. 메리는 단지 그 첫사랑의 조악한 대용품이다.
哈顿说出了林肯不爱他的妻子却一直想念着安·拉特利奇。玛丽是仅仅他初恋情人的低劣的代用品。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

Charlie and the Chocolate Factory(チャーリーとチョコレート工場) [原書(英語]

『Charlie and the Chocolate Factory』
Roald Dahl(novelist)
Puffin(2004)


GDを19冊読んで読みたいものがなくなったので、児童書に挑戦した英語第一冊目がこれ。英語の多読はGDはノーカウントで児童書はカウントすることにしている。

映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作。ということで英語の原書も人気が凄いようだ。英語の原書にアマゾンレビューが133件もついてる!おそらく洋書多読の一冊目に選んだ人がたくさんいるのではないだろうか?

読んだ後にYouTubeで映画も見たのだが、見事に全然聴き取れなかった。特に子供の会話は全くわからない。それで古い映画の『夢のチョコレート工場』の方を見ると意外に聴き取れる。とはいえティム・バートンの映画は傑作だと思うので是非お薦めしたい。
(2009.05.21読了。英語多読1冊目)

・今日の二言(本文より)
Nobody ever comes out, and nobody ever goes in!
誰一人出てきたことがなく、誰一人入った者もいない!
나온 자도 아무도 없었고, 들어간 자도 아무도 없었다!
没人出来过,也没人进去过!

How can you whip cream without whips? Whipped cream isn't whipped cream at all unless it's been whipped with whips. Just as poached egg isn't a poached egg unless it's been stolen from the woods in the dead of night!
どうすれば鞭なしでクリームを鞭打つことができますか?鞭で鞭打たれない限り、ホイップクリームは全くホイップクリームではないのだ。それはまさに真夜中の森から盗まれない限り落とし卵が落とし卵ではないようにね!
어떻게 하면 회초리 없이 크림에 채찍을 가할 수 있어요? 회초리로 채찍을 가하지 않는 한, 생크림은 전혀 생크림이 아니다. 그것은 마치 한밤중의 숲에서 도둑 맞지 않는 한 수란이 수란이 아닌 것 같이!
怎么做不用鞭子可以抽打奶油吗?不用鞭子抽打的话,那么惯奶油将不是真正的惯奶油。那就像深夜的森林里没被偷拿的水煮荷包蛋一样不是真正的水煮荷包蛋。

タグ:roald dahl
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

Momo - Michael Ende [原書(英語]

『Momo』
Michael Ende(German writer of fantasy)
PUFFIN(1973)


日本でも有名なミヒャエル・エンデの小説『モモ』の英語版。原書はドイツ語でそれを英訳したもの。日本では児童書だと思うのだけど、英語版は児童書とは思えないほど単語が難しい。

surreptitiously
inconspicuous
sympathetically
gesticulating excitedly
unaccustomed to running
as indistinguishable as peas
uncomprehendingly
incalculable risk
unintentionally

これって児童書に使う表現じゃないよね。
言語は外国語をそのまま借りるタイプの言語、英語や日本語と、自国語に変換して造語するタイプの言語、中国語とドイツ語がある。上記の単語はドイツならば簡単な合成語で、それを直訳しているのではないかと思う。

英語圏では大人が読む時間に関する哲学小説と思われているのかも。あるいは精神分析的でもある。やはり日本語訳の方が実際の原書のムードに近いのではないかと思う。

モモと友人たちとの友情、時間泥棒との戦いはとても面白く、かつ社会予言的な風刺でもある。大人が読んでも、あるいは大人だからこそ面白く読める小説かもしれない。
(2009.07.11読了。英語多読3冊目)

・今日の一言(本文より)
That much I do know, but you can't touch of hold it.
よく知っているもの、けれども持って触わったりできない。
잘 알고 있는 것, 그러나 가지고 만질 수 없다.
熟知的东西,不过不能拿着摸。

タグ:Michael Ende
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

The First Woman Doctor: The Story of Elizabeth Blackwell, M.D. (Scholastic Biography) [原書(英語]

『The First Woman Doctor』
Rachel Baker(Medical Journalist)
Scholastic Paperbacks(1999)


英語でこの本を読んでから探すと、
日本語訳が出ていた。

『世界最初の女性医師-エリザベス・ブラックウェルの一生』
レイチェル・ベイカー
日本女医会(2002)

ただし今は入手するのはほとんど不可能のようだ。
日本語訳はかなり大胆に意訳してある上に、
本の順序まで変更してある。

・今日の八言(本文より)
Whatever makes you so restless?
なぜそんなにいらいらするの?
왜 그렇게 짜증내?
干吗那么心烦意乱?

What I need is some kind of absorbing occupation.
何か全身を打ち込めるような仕事がしたい。
뭔가 빠질 수 있는 일을 하고 싶다.
我想要一种全神贯注的职业。

A good doctor should know the symptoms from the patient, and not from the charts.
よい医者ならカルテからよりも患者さんの症状を見て学ぶのが本当でしょうから。
좋은 의사는 카르테보다 환자의 증상을 보고 진단하는 것이 마땅하다.
好医生应该是从病人诊断,不是从病历诊断。

Wasting your eyesight, which is the most precious thing that a surgeon possesses!
目を使いすぎちゃいかん。外科の手術には視力がもっとも大切なんだ!
시력을 낭비하면 안돼, 외과의 수술에는 시력이 가장 중요한 거야!
你用了太多的视力,视力可是对外科医生来说是最宝贵的东西。

The true physician must possess the essential qualities of maternity, tenderness, sympathy, guardianship!
真の医師は母性愛があって同情に富み人の保護者でなければなりません!
참된 의사는 모성애가 있어야 하고 동정이 많아야 하며 사람의 보호자여야만 한다!
真正的医生必须有母性、温柔、同情和爱护的品质!

The time has come to start a school where nurses can be trained scientifically.
看護婦を科学的に養成しなければならない時期になった。
간호사를 과학적으로 양성해야 할 시기가 되었다.
需要科学地培养护士的时候到了。

When women have cured prejudice, they will have cured the worst of all diseases!
女性に対する偏見をなくすことができたらもっとも悪質な病気を治したも同然だ。
여성에 대한 편견을 없앨 수 있다면 가장 악질적인 병을 치료한 거나 다름없다.
治疗对女性的偏见,简直跟治疗最严重的病一样。

Public opinion should be made, not followed!
世論は自らつくるべきものです。追従すべきものではありません。
여론이란 스스로 만들어야 하는 것입니다. 추종해야 하는 것이 아닙니다.
舆论是应该造出来的,不是应该追随的东西。

タグ:Rachel Baker
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Moses: When Harriet Tubman Led Her People to Freedom [原書(英語]

『Moses: When Harriet Tubman Led Her People to Freedom』
Carole Boston Weatherford(children's books)
Hyperion Book(2006)


ハリエット・タブマンの第一回救出行まで

これも子ども向け絵本。
こちらは逃げる話と、救出する話の組み合わせ。

・今日の二言
I set the north star in the heavens and I mean for you to be free.
天に北極星を定めました。あなたを自由にしてあげます。
我在天上设定北极星,我让你自由。
하늘에 북극성을 정했습니다. 당신을 자유롭게 해 줍니다.

You have already glimpsed the future.
あなたは既に未来をのぞき見ているのです。
당신은 이제 미래를 엿보고 있는 것입니다.
你已经看了未来一眼。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Minty-A Story of Young Harriet Tubman [原書(英語]

『Minty-A Story of Young Harriet Tubman』
Alan Schroeder, Jerry Pinkney(children's book)
Picture Puffin(2000)


ハリエット・タブマンの幼少期のイメージ。

南北戦争の前、アメリカで奴隷を南から北へと逃亡させる、
地下鉄道の車掌ハリエット・タブマンの、
子どもの頃のイメージを子ども向けに絵本にしたもの。
全文英語だけども、もちろん簡単な英語で書かれている。
図書館ではこのぐらいしか本が見つからないのが残念。

・今日の一言
This is chance to run away!
今が逃げるチャンスだ。
지금이 도망칠 기회다.
现在是逃跑的机会。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Black Ships Before Troy-The Story of the Iliad [原書(英語]

『Black Ships Before Troy』
Rosemary Sutcliff(作家)
Frances Lincoln(1993)


絵で知るトロイ戦争。絵がとても豪華

英語は比較的易しいと思うけど、
固有名詞の発音がさっぱりわからない。
絵が中心でページ数も少ないので読み終わりやすく、
達成感は得やすい。
歴史好きの英語勉強にいいかも。

オデュッセウスがかっこいい。
変装の達人である。
みなプライドが高く、簡単に死ぬ。
アキレウスとかはた迷惑だよなあ。

・今日の一言
Earlier today you swore to give me the things that I asked for. Whatever it might be.(Odysseus)
以前に、あなたは私に私の望みのものを今日の日に与えると誓った。それがどんなものであろうとも。(オデュッセウス)
이전에 당신은 나에게 내가 갖고 싶은 것을 오늘 준다고 맹세했다. 그것이 어떤 것이라도. (오디세우스)
以前你和我发誓过,今天会给我我想要的东西。不论是什么。(奥德修斯)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Great Crimes(Oxford Bookworms, Stage 4: Factfiles) [原書(英語]

『Great Crimes, Stage 4: Factfiles』
John Escott
Oxford Bookworms Library(1998)


有名な6つの犯罪の話

妻殺しの医師クリペン
モナ・リザ盗難事件
リンドバーグ夫妻の子ども誘拐事件
列車強盗
ケネディ暗殺
テロリストに誘拐されたパティ
ダービー馬シェーガー

アル・カポネが、
リンドバーグ夫妻の子ども誘拐事件に協力を申し出たのは面白い。

・今日の一言
But did she join them because it was the only way she could be sure they would not kill her?
しかし、そうすることが彼らが彼女を殺さないと彼女が確信できる唯一の方法であったので、彼女は参加したのだろうか?
그러나 그렇게 하는 것이 그들이 그녀를 죽이지 않는다고 그 녀가 확신할 수 있는 유일한 방법이었기 때문에 그녀는 참가한 것일까?
可是只有这样做才是她确信的不杀自己的唯一方法,所以她才参加了吗?

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Desert, mountain, sea(Oxford Bookworms Library; True Stories, Stage 4) [原書(英語]

『Desert, mountain, sea; True Stories, Stage 4』
Sue Leather
Oxford Bookworms Library(2000)


砂漠、山、海への女性冒険者の話

人も動物も死ぬシーンがあり、少し何か疑問を覚えることが多い。
そこまでして冒険をする価値があるのだろうか?

・今日の一言
Let's go to Kathmandu and have a party!
去加德满都,开派对吧!
카트만두에 가서 파티를 엽시다!
カトマンズに行って、パーティーを開きましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Jane Eyre(Oxford Bookworms Library; classics, stage 6) [原書(英語]

『Jane Eyre; classics, stage 6』
Charlotte Bronte
Oxford Bookworms Library(2000)


孤児院、家庭教師と強く生きた女性の話

これは100ページ以上あるんだけど、
それでも原本の五分の一ぐらいかな。
面白く読めたけども、とても原作を読める自信はないな。

・今日の一言
I can do what I like, and I intend to stay with you, unless you object.
我能按照自己的去做。除非你不反对,我打算和你一起生活。
저는 자신이 생각한 대로 할 수 있습니다. 당신이 반대하지 않는 한, 저는 당신과 함께 생활할 생각입니다.
私は自分の思った通りにできます。あなたが反対しない限り、私はあなたともに暮らすつもりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Nursing(Oxford Bookworms Library) [原書(英語]

『Nursing, Stage 2: Factfiles』
Paul Davies
Oxford Bookworms(2002)


看護の歴史と現状。

ナイティンゲールと同時代に同じように活躍した
Mary Seacoleという女性がいたらしい。
とても興味を持ったので本を読んでいるところ。

・今日の一言
When we arrive, we have to decide: do we give immediate help to the injured people, or do we take them to hospital?
到现场的时候,我们必须决定是当场救伤员呢还是带到医院去呢。
현장에 도착했을 때, 우리들은 그 자리에서 부상자를 도울 것인가, 병원에 데리고 갈 것인가 판단해야 합니다.
現場に到着する時、私たちはその場で負傷者を助けるか、病院に連れて行くか判断しなければなりません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Bronte Story(Oxford Bookworms Library) [原書(英語]

『The Bronte Story』
Tim Vicary
Oxford Bookworms Library(2000)


ブロンテ姉妹の話を父から語ったもの

ブロンテ姉妹はみんな短命なんだな。
また女性の苦労というものを感じる。

・今日の一言
Several times the postman brought an old packet to our house, which was addressed to a man called Currer Bell. I told him that no Currer Bell lived in Haworth, and sent him away.
有几次邮递员把旧包裹拿到我们家来了。那个是寄给库瑞尔·贝尔的。我说在哈沃斯里没有库瑞尔·贝尔,把他赶出去了。
몇 번인가 우편 배달인이 낡은 소포를 우리 집에 가지고 왔다. 그것은 컬러 벨앞에게 보내는 것이었다. 나는 컬러 벨 따위는 하와스에는 없다고 하며 그를 쫓아버렸다.
何度か郵便配達人は古い小包を私達の家に持って来た。それはカラー・ベルという宛だった。私はカラー・ベルなんてハワースにはいないといって彼を追い払った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Mutiny on the Bounty(Oxford Bookworms Library, Stage 1: True Stories) [原書(英語]

『Mutiny on the Bounty』
Tim Vicary
Oxford Univ Pr (Sd) (2000)


イギリスのバウンティ号の反乱事件とその数奇な顛末

嫌な感じの船長が予想よりたくましく、
海の上をわずかな食料で漂流同然で生き延びる。
反乱した方は本国に帰れず現地で子孫をつくって生きるのだ。

・今日の一言
So, Mr Heywood, you were an officer on the Bounty, and you saw this mutiny, but you did nothing. You just stood, and watched. Is that right?
それで、ヘイウッドさん、あなたはバウンティ号の士官であって、この反乱を見て、しかし何もしなかった。ただ突っ立って見ていた。本当ですか?
그래서, 헤이우드 씨, 당신은 바운티호의 사관이며, 이 반란을 보고도 아무 것도 하지 않았다. 그냥 서서 보고 있었다. 정말입니까?
那么,黑伍德先生,你是博爱号的军官,而看到这个叛变,什么也没做。你只是袖手旁观。对吗?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Last of the Mohicans(Macmillan Readers Beginner) [原書(英語]

『The Last of the Mohicans』
James Fenimore Cooper
Macmillan ELT(2005)


モヒカン族の最期の人の話

フランスと英国の戦争の渦中での最期のモヒカン族の死。
ネイティヴアメリカンは部族がバラバラで、
白人に負けていくのだ。

・今日の一言
All the people of my tribe have gone now.
今や我が部族の人々はみないなくなった。
바야흐로 우리 부족의 사람들은 모두 없어졌다.
现在我的部族的人都没有了。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Robin Hood(Penguin Longman Penguin Readers) [原書(英語]

『Robin Hood : Level 2』
Liz Austin
Penguin Longman Penguin Readers(2000)


ロビン・フッドの物語。
少し細切れな感じ。

さまざまなエピソードを細かく紹介したもの。
前後のつながりがはっきりしないので、少し読みにくい。
一冊の短編集の本を、そのまま1/10に短縮したみたい。
アーサー王と同じでバラバラの民話をまとめたものと思う。

・今日の一言
Now this will be an interesting adventure.
おやこいつは面白い冒険になりそうだ。
어, 이것은 재미있는 모험이 될 것 같다.
哦,这将会是个有意思的冒险。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

King Arthur and the Knights of the Round Table(Penguin Longman Penguin Readers) [原書(英語]

『King Arthur and the Knights of the Round Table: Level 2』
Deborah Tempest
Penguin Longman Penguin Readers(2000)


既にアーサー王伝説を知っている人向け

話が細切れでわかりにくい。
人名がわからないとつらいでしょう。
もともとバラバラの英国民話を
合成した話なんだと思う。

・今日の一言
The names of the Knights of the Round Table will be famous!(Merlin)
円卓の騎士の名前は有名になるだろう!(マーリン)
원탁의 기사의 이름은 유명해질 것이다! (머린)
圆桌骑士的名字将会扬名天下!(默林)

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Phantom of the Opera(Oxford Bookworms Library) [原書(英語]

『The Phantom of the Opera, Stage 1: Fantasy & Horror』
Jennifer Bassett()
Oxford Bookworms Library(2000)


オペラ座の怪人の簡易版。

終わりがすっきりしない。
フィクションは簡潔すると面白みを出すのは難しい感じだ。

・今日の一言
Perphaps Christine's wonderful voice is still singing, somewhere in the cold and beautiful mountains of Norway. Who knows?
たぶんクリスティーンの素晴らしい歌声はまだ歌っている。どこか寒くて美しいノルウェーの山で。誰にわかるだろう?
아마 크리스틴의 훌륭한 노래 소리는 아직 울리고 있다. 춥고 아름다운 노르웨이의 산 어딘가에서. 누가 알겠는가?
大概克里斯廷的美妙的歌声还唱响着,在一个寒冷而美丽的挪威的山里。谁会知道?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Pocahontass(Oxford Bookworms Library) [原書(英語]

『Pocahontass, Stage 1: True Storie』
Tim Vicary()
Oxford Bookworms Library(2000)


イギリス人と結婚したインディアンの娘の話

映画にもなったポカホンタスの話。
イギリスに渡ったというのは知りませんでした。
若くして亡くなったのが可哀想ですね。

・今日の一言
I am going home - home to the forests and rivers of my country.
私は家に帰るの。森と川の私の故郷へ。
난 집에 돌아간다. 숲과 강의 내 고향으로.
我要回家,有森林和河川的故乡。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の30件 | - 原書(英語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。