So-net無料ブログ作成

荘子=超俗の境へ(講談社選書メチエ) [本(東洋史]

『荘子=超俗の境へ』
蜂屋邦夫(中国思想史)
講談社選書メチエ(2002)


恵子の論理学と荘子の認識論を知る良書。

相手がなければ自分というものはなく、
自分もなければ心のざわめきも起こらない。
これを著者は孤高の隠者のこととしているが、
これは認識論の自我の問題、心理学における自己認識の問題と思う。
私とは他者と分離されることで認識されるのだ。

生死は気の集散に過ぎず集まっては散り散っては集まり、
それが無限に繰り返されるものという。
精神の生の死を正しく捉えた驚くべき認識論であると思う。
気を情報と呼べば、そのまま現代哲学の問題に対する回答になるのだ。

『中国遊仙文化』
汪涌豪(中国古代文学)
青土社(2000)


古典の抜き書き収集分類本。

王莽の仙人願望。
自分は上仙するとの詔を出した。
あるいは仙人の子喬が迎えに来るなどという。
120人の后妃を置き髭と髪を黒く染めたりした。

王莽は、陰険な謀略家と考える向きもあるが、
むしろ極めて純粋な人間と見るべきと思う。

魏伯陽の周易参同契にいう。
金は性が敗朽しないので万物の宝、
術士が服食すれば寿命が長久になると。

類感呪術の思考法そのままやね。

『諸子百家〈再発見〉』
浅野裕一(中国哲学)
岩波書店(2004)


掘り起こされる古代中国思想。

竹簡とはどんなものか。
縦の最長は57.2cmで最短23.8cm。
幅は1cm以内で、厚さ0.1cm程度。
それを三ヵ所で結ぶのが普通で、2ヵ所の場合もある。
竹簡は編綴が前提で木簡は単独で使うもの。

諸子百家の学派名は前漢末の七略より。
当時からあったのは儒、墨、兵の3つのみ。
道家も前漢初期に生まれた。
法の意義を高く評価する儒家の出土資料"徳治"。
戦国中期以前には儒家と道家の対立はなかった。

儒家と墨家は激しく対立していたが、
道家や法家は後から名付けられたものである。
道家も法家も、あくまでの儒家の内部の一派と見るべきなのだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。