So-net無料ブログ作成

老荘を読む(講談社現代新書) [本(東洋史]

『老荘を読む』
蜂屋邦夫(中国思想史)
講談社現代新書(1987)


老子と荘子の解説。まとまっている。

鯤という巨大な鳥は、台風の具象化。

老子の出身地は、楚苦縣厲曲仁里
困窮している県の病にかかって仁をねじ曲げている村という意味。
架空の村である。

唐の挙兵に現れた老子の使者、白衣の老人。
唐は李家であり、老子を信奉していた。

ところで、光武帝も河北で白衣の老人の指示を受けたのだが、
これも老子の一派かなあ。

老子はさまざまな解釈が可能な本
天地自然に関心をよせた哲学的解釈
生命の維持に留意した身体論的解釈
即物的性的解釈も可能だ。

荘子も意外に普通の人。
妻子があり、弟子もして、先生もいて、遊説もしていた。

トルストイは老子を理想化して"イワンのばか"を書いた。

老子は韓非学派のテキストかも。

心に真宰=主体なし。
これは禅でも言われることの多い、東洋的認識論の精髄である。

生死は気の運動
(人之生,氣之聚也。聚則為生,散則為死)
荘子の認識論哲学はなかなかと思う。

哲学では、
存在論⇒認識論⇒言語論⇒自然主義という流れがあるとされる。
老子は存在論で、荘子は認識論なわけだ。
朱子や王陽明は言語論なのかな?

天地を棺とし日月を副葬し星を宝石とし万物を葬礼の品とする。
竹林の七賢の劉伶もそっくりなことを言ってたな。

真人はかかとで息をし凡人は喉で息をする
(真人之息以踵,衆人之息以喉)
これ剣法の理論に使えないかな。
人間は、空中では支えがないから力が出ないもの。
大地から力を得るという意味で足を意識するのは、武術っぽいと思う。
臍下丹田よりさらに低い位置なのが興味深い。

タグ:蜂屋邦夫
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

toshi

「老荘を読む」という本に写真が載せられている、楼観台に行ったことがあります。ここで、本当に老子道徳経が著されたのかは知りませんが。
by toshi (2007-03-26 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。