So-net無料ブログ作成

世界が変わる現代物理学(ちくま新書) [本(物理/天文]

『世界が変わる現代物理学』
竹内薫(サイエンスライター)
ちくま新書(2004)


現代物理学の紹介。

読者が嫌うのは数式。
物理学の数式は日常言語における詩に等しいという。

相対性理論の等価原理。
加速度は重力と区別がつかないということ。

シュレーディンガーの猫は決着済み。
検出の時点で量子の計算は終わりだから。

ピカソなどのキュビズム。
複数の視点から観た世界が同一のキャンパスに描かれるもの。

量子の面白さ。
縦通過フィルターと横通過フィルターの間に、
45度の斜め通過フィルターを入れると量子は通過する。
しかし、縦通過フィルターと横通過フィルターだけだと、
量子は通過しないのである。

・今日の一言
物理学の数式は日常言語における詩のようなものです。
Mathematical equations of physics are something like poetry in everyday language.
물리학의 수식은 일상 언어에 있어서의 시 같은 것입니다.
物理学的算式是像在日常语言中的诗歌一样的东西。

タグ:竹内薫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。